bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型iPhone、低価格の液晶モデルは発売日が11月以降に?

iPhoneの噂・最新情報

新型iPhone、低価格の液晶モデルは発売日は11月以降か

Appleが今年秋に発売する新型iPhoneは、5.8インチと6.5インチの巨大な有機ELディスプレイを採用した2つのモデルと6.1インチの液晶を採用した低価格モデルがラインナップされると噂されているが、液晶を採用したモデルが製造上の問題に直面していて発売日が2ヶ月遅れる可能性があるようだ。

低価格の液晶モデル、歩留まりの悪さで発売日に遅れか

韓国メディアThe Bell(via NASHVILLE CHARTER)は業界筋の情報として有機ELディスプレイを採用したハイエンドモデルについては9月発売に向けて量産体制が整っているものの液晶ディスプレイを採用したエントリーモデルについては2ヶ月の遅延が発生しており、今年11月に生産を開始する予定とレポートした。これが本当ならば低価格版の新型iPhoneの発売日は11月以降になってしまう。

遅延の理由は“切り欠き”デザインを採用した液晶ディスプレイで光の漏れが起きる不良品が多く、生産を手がけるジャパンディスプレイとLGディスプレイは歩留りを改善するのに苦労しているという。

液晶ディスプレイを採用した低価格版iPhoneは人気を集めて売れ筋になると報じられている。発売日が最低でも2ヶ月も遅れてしまうという報道は信じがたいが、実際に昨年発売された有機ELディスプレイの「iPhone X」は発売日が2ヶ月も遅れた。また、9to5Macは液晶ディスプレイでiPhone Xのデザインを実現するのは難易度が高いと指摘している。

内部で湾曲しているiPhone Xのディスプレイ

内部で湾曲しているiPhone Xのディスプレイ

これは自発光することでバックライトが不要になり、曲げやすい有機ELに対してバックライトが必要で薄型化が難しく曲げにくい液晶ディスプレイという特性の違いにある。なお、iPhone Xではボディ内部でディスプレイを湾曲させることでベゼルレスディスプレイを実現している。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも

Apple Music

2018/12/15
Amazon Echoが「Apple Music」に対応。日本ではまだ

スマホアプリ

2018/12/15
ポケモンGO、19日から年末年始イベント開催。XP・アメ・ほしのすな2倍、ふかそうちは毎日配布
Recommendこんな記事も読まれています