Pixel 5/4a 5G、またTwitterで公式リーク。新電池節約モードで電池持ちは最大48時間に

bio
Yusuke Sakakura

Pixel 5/4a 5G、またTwitterで公式リーク。新電池節約モードで電池持ちは最大48時間に

Googleが日本時間10月1日午前3時から開催する新製品発表イベント『Launch Night In』で正式発表される「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」

先日、Twitterの投稿を誤って公開したことで「Pixel 5」の販売価格が明らかになったが別パターンのツイートが発見された。

ストレージは128GBのみ?

Google Japanの公式Twitterアカウントが公式発表前に「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」に関するツイートを投稿している。携帯総合研究所のコメント欄で情報提供があった。

両機種の共通点は評判の高い夜景モード対応と新しいウルトラワイドレンズを搭載したカメラ。新しいレンズでは景色をダイナミックに撮影できるほか、集合写真を撮影する際により多くの人数を1枚に収めることができる。超広角レンズでは歪みが発生することもあるがGoogleは「歪まない」とアピール。得意のソフトウェア処理で歪みを補正するものと思われる。

また、Pixelシリーズの弱点である電池持ちも改善されるようだ。どちらも「スーパーバッテリーセーバーモード」を使用することで最大48時間の使用が可能とのこと。

現在のPixelスマートフォンにもダークテーマをオンにしたり、バックグラウンドでの更新や画面オフ時の位置情報サービスの停止、OK Googleの停止などを行うことで電池を節約する「バッテリーセーバー」は搭載されているが“スーパー”を冠するものはない。

他社のAndroidスマートフォンでは画面をカラー表示からモノクロ表示に切り替えることで電池を節約することができるが同等の機能が搭載されるのかもしれない。これまでの噂によれば「Pixel 5」は4,080mAh、「Pixel 4a (5G)」は3,885mAhと大容量のバッテリーを搭載するようだ。

なお、販売価格について防水に対応する「Pixel 5」は74,800円、「Pixel 4a (5G)」は60,500円と言い切っていることからストレージ容量は1種類になるかもしれない。容量は128GBと噂されている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています