povo2.0の不具合に連続遭遇。開始直後に申し込み→切替処理失敗でまだ使えず

bio
Yusuke Sakakura

povo2.0の不具合に連続遭遇。開始直後に申し込み→切替処理失敗でまだ使えず

auのオンライン専用ブランドpovoにて、9月29日午前9時から開始した基本料0円〜で使えるオールトッピングの「povo2.0」

サービス開始直後に申し込みしたものの、さまざまなトラブル・不具合に巻き込まれていて、10月4日時点でpovo1.0から2.0の移行が完了していません。

チャットサポートに繋がりにくい状況が続いているため、同じ事象が起きている人に向けて書き残しておきます。とりあえずエラーコード002が発生している人は待つしかないようです。

受付開始直後にサーバーダウン

アクセス殺到でサーバーダウン

auのオンライン専用ブランドpovoは、20GB・月額2,728円のシンプルなプラン内容で今年3月に開始したサービス。ベースとなるプランに「トッピング」を追加して、自分に合った料金プランにアレンジできることが大きな特徴。おおよそ100万契約に到達しました。

povoはトッピングが最大の特徴でしたが、サービス開始からまったく新しいトッピングが追加されず、KDDI社長が当面、UQ mobileに注力する姿勢を示すなど、ユーザーがやきもきしているところで、基本料0円のベースプランに音声・データ・コンテンツのトッピングを追加する“オールトッピング”のpovo2.0が発表されます。

基本料0円とオールトッピングの組み合わせはインパクトが非常に大きく、そうそうにプラン変更を決めました。が、まだ始められていません。

povo1.0は混雑しにくい0時から受付を開始したことで、アクセスが集中してサーバーがダウンすることもなく、受付開始から10分ぐらいで申し込みが完了するなどスムーズでしたが、povo2.0は午前9時から受付を開始。案の定、アクセス殺到でサーバーがダウンしました。

povo2.0どころからβ版?

1時間ちょっとで復旧したのでそれほど大事にはならなかった…と思いきや原因不明のエラーが発生。正確にはエラーメッセージを感じさせる赤帯が表示されるものの表示されず。事前に告知されていたアプリからの申し込みを断念して、ウェブから申し込むと「Order user detail Invaild email format」となぜか英語で表示される仕様。

左:アプリの不具合でメッセージが確認できず。右:ウェブは英語でエラーメッセージを表示

左:アプリの不具合でメッセージが確認できず。右:ウェブは英語でエラーメッセージを表示

全体的に表示系の不具合が多く、問い合わせフォームの「ご質問内容」が「葬儀内容」と表示されたり酷い品質。povo2.0どころかベータ版です。ユーザーがデバッガー扱いです。

「Order user detail Invaild email format」の原因はすぐに判明。povoを利用するにあたって必要なauIDにエイリアスを使っていることが原因でした。Gmailでは、ユーザー名の後ろに「+」を付けることでメールアドレスを使い分けできるエイリアス機能が用意されています。この機能を使ってauIDを作成し、povoの回線と紐付けていたことがエラーの原因です。

なぜ、auIDとpovo1.0では問題ないのに、povo2.0でエラーが発生していたのか不明ですが、povo1.0から2.0への変更を申し込むと、auIDに登録していたメールアドレスがpovo2.0のサーバーに保存されるようです。

povo2.0サーバーに保存された後のエラーチェックは、povo2.0側のものが適用されて、auIDではエラーをかけてなかったエイリアス形式のアドレスをエラー扱いにしていたということでしょう。povo2.0 先行キャンペーンの申し込みサイトでもエイリアスを使うと入力エラーが発生します。これはいまだに修正されていません。

povo2.0はauではない?

ユーザー側ではどうしようもできないので、ただ不具合が解消されるのを待っていましたが、告知なしのサイレント修正で気づかずに10月に突入。解約した場合、日割りは効きませんが、今回はシステムの不具合が原因なので、満額払いたくないなと思ってチャットに問い合わせると、au様に聞いてくれとのこと。povo2.0はauじゃなかったのか。

povo1.0の料金に関しましてはpovo2.0の窓口では案内することができません。au様にお問い合わせお願いいたします。

povo2.0は「auのオンライン専用ブランド」「プラン」と表現されています。ただ、povo1.0がpovo.au.comのドメインで提供されているのに対し、povo2.0はpovo.jpで提供されていて、povo1.0から2.0に変更する際も実質的にはauからのMNP扱い。SIMカードの変更も必要です。

そういえば、povo on auの表記を見かけないし、auかんたん決済や家族割プラスのカウント対象外など、au系のサービスや特典が適用されないのも納得がいきます。ただ、こういった形式のものを同一ブランドのプランと表現して提供されると混乱します。

エラーコード002は解決方法なし。待つしかない

エイリアス問題が解決されたので手続きを進めると、今度は「auでお手続き中の申し込みがあるため、受付できません。povo サポートへご連絡ください」のメッセージと共にエラーコード002が発生。

auでお手続き中の申し込みがあるため、受付できません。povo サポートへご連絡ください

500〜600人待ちのチャットに問い合わせると、現在は解決方法がなく原因も不明とのこと。また待つしかありません。povo2.0のキャンセルが可能と案内されましたが、上記エラーが発生しているためキャンセルも不可能。povo1.0の解約も検討しましたが、povo2.0への移行手続き中ということで解約も不可能な状況です。

povo2.0に移行して基本料0円になるかと思ったら、今月も月額2,728円を払うことになるかもしれません(povo1.0から2.0に移行が完了した月は料金が日割りされます)

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています