bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

サムスン、初のTizen搭載スマホ「Samsung Z1」を正式発表――価格はたったの1万円に

ニュース

サムスン、初のTizen搭載スマホ「Samsung Z1」を正式発表――価格はたったの1万円に

サムスン電子がインテルなどと開発したスマートフォン向けのOS「Tizen(タイゼン)」を搭載する「Samsung Z1」が正式に発表されました!

「Samsung Z1」は低価格指向に、格安スマホ激戦区のインドで発売

「Samsung Z1」は、Tizenを搭載する初の消費者向けのスマートフォンで、1月14日よりインドで発売されます。価格は5700インドルピー(日本で約1万800円)という格安を超えた”激安”とも言える価格で販売されます。

この価格帯になると気になるのがスペックです。

「Samsung Z1」には、Tizen OS 2.3が搭載され、ディスプレイには4インチのWVGA(800×480ピクセル)のPLS液晶(IPS液晶)を搭載。CPUには、1.2GHzのデュアルコアプロセッサ、768MBのRAM、4GBの保存容量(ROM)、1500mAhのバッテリーを搭載するなど、3〜4年前にタイムスリップしたかのようなスペックで、iPhoneやAndroidスマートフォンと比べてもかなり性能の低いものになっています。

Samsung Z1のスペック

ただ、Tizen上で動作するアプリケーションは、HTML5やCSS、JavaScriptといったウェブの技術で構築されるため、iPhoneやAndroidのようなハイスペックな端末は必要としません。Tizenに近いOSとしてはFirefox OSがあげられますが、Firefox OSを搭載する「Flame」と「Samsung Z1」のスペックはほぼ同等になっており、ウェブに最適化されたOSが高いスペックを要求しないことがわかるかと思います。

その他のスペックとしては、310万画素メインカメラを搭載。VGAのフロントカメラも搭載します。無線LANは、IEEE 802.11 b/g/nをサポート。Bluetooth 4.1やGPS、加速度センサ、最大64GBのmicro SDカードに対応します。

また、通信規格はLTEに非対応でGSM(850/900/1800/1900MHz)とHSDPA(900/2100MHz)をサポートし、2枚のSIMカードを挿入して動作するデュアルSIMにも対応します。

販売されるボディカラーは、ホワイト、ブラック、ワインレッドの3色。ボディデザインは同社が開発するGALAXYシリーズのデザインにとても似たものになっています。

Samsung Z1のボディカラー

インドでは低価格のスマートフォンの需要が高く、中国の低価格スマホメーカーのシャオミが昨年7月にインドでスマートフォンを発売すると、グーグルが約1万2000円程度で購入できる「Android One」を昨年9月より発売しており、サムスンがこれに続いた形となります。

同じ第3のOSでウェブに最適化されたFirefox OSは、日本仕様にローカライズ&スペックアップされて約5万円で発売されましたが、Tizenは低価格路線を突き進むことになるのでしょうか。今後の動きに注目です。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEの使い方

2019/04/18
LINEの新機能「トークBGM」の使い方を解説

LINE Pay

2019/04/18
LINE Payアプリの使い方を解説〜使えるお店の検索、クーポンの使い方も

LINE

2019/04/17
LINE、アプデでAndroid版のタブを上から下に移動。iPhone版と同じ配置に

LINE Pay

2019/04/17
速報:最大20%還元、LINE Payが“平成最後”の還元祭「超Payトク祭り」をあすから開催
Recommendこんな記事も読まれています