ソフトバンク、ARM社の買収を正式発表。iPhoneにも採用されるCPU開発企業

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2018/05/18 12:42

ソフトバンク、ARM社の買収を正式発表。iPhoneにも採用されるCPU開発企業

ソフトバンクがARM Holdings plsを買収することを正式に発表しました。買収額は3.3兆円。

ソフトバンク、IoTの需要拡大に向けてARM社を買収。

ARMは、XperiaやGalaxyを含む多くのスマートフォンやタブレットで採用されているSnapdragonシリーズで知られるQualcomm社にCPUコアを提供しており、アップルがiPhoneとiPadに搭載するAシリーズのプロセッサにもARMのアーキテクチャが採用されています。

ソフトバンクがARMを買収することにより、ほぼ全てのスマートフォンやタブレットにソフトバンクの子会社が関与するプロセッサが搭載されることになります。ドコモがauから発売されるデバイスはもちろん、アップルのiPhoneやiPadにもソフトバンクが関わるということです。

ソフトバンクの孫正義会長はARMの買収について、IoTがもたらす非常に重要なチャンスをつかむことが目的で、ソフトバンクの今後の戦略において重要な役割を果たすとしています。

ARMのStuart Chambers会長はソフトバンクが5年間で英国におけるARM社員を倍にするなどのリソースをフルに活用して、あらゆる場面においてARMテクノロジーの使用をさらに加速させることができるとコメントしています。

なお、ソフトバンクはARMが本社を置くイギリスにて本日18時15分から会見を行う予定です。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています