ソフトバンク/ワイモバイル、24時間のりかえ受付対応。MNP手数料は完全無料に

ソフトバンク

ソフトバンク/ワイモバイル、24時間のりかえ受付対応。MNP手数料は完全無料に

ソフトバンクとワイモバイルが2021年春をめどに携帯電話会社をのりかえる際にかかるMNP転出手数料(3,000円)を無料化すると発表した。

のりかえ時にかかる手数料は総務省の有識者会議でウェブ受付は無料化、店頭やコールセンターなどでは上限1,000円と定める方向性が示されていたが、ソフトバンクとワイモバイルではすべての受付窓口で手数料を完全に撤廃する。

ネットでMNP24時間対応

現在、携帯電話会社をのりかえる場合は契約中のキャリアに予約申し込みを行い、予約番号を取得する必要があるが、大手4社とも9時から20時または21時台までの受付に限定(ドコモはネットで24時間対応)されている。

また、予約申し込みを行ったあとはのりかえ先で予約番号を伝えるなど手続きが必要だが、この受付時間も各社おおむね9時から20時までに限定されている。

ソフトバンクとワイモバイルはMNP転出手数料の完全無料化に加えて、のりかえ時のネット受付を24時間対応に拡大する。

のりかえのネット受付が24時間対応となってもSIMカードやスマートフォンは後日郵送となるため、即日完了には総務省が推進するeSIMの普及が必要となる。

なお、ワイモバイルから12月に提供される新料金プラン「シンプル20」も発表されている。プランの詳細は以下から

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2021/03/01
速報:PayPay、LINE Payの事業統合へ協議開始。22年4月に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo変更後はドコモオンラインショップで予約不可。新機種の購入困難に?

ワイモバイル

2021/03/01
ワイモバイル、3月17日からeSIM開始。最短1時間で利用可能に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo、公式サイトでiPhone 11など3機種を販売
Recommendこんな記事も読まれています