bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク、上限2万円規制の穴をついた「半額サポート+」を発表

ソフトバンク

ソフトバンク、「半額サポート+」を発表。“端末と回線が分離されていれば2万円制限は適用されない”

9月9日、ソフトバンクが「新サービス記者発表会」を開催し、「半額サポート+」を発表した。

従来の半額サポートのコンセプトを引き継いだ新しいプログラムで、従来の半額サポートは契約に伴う機種変更が必要だったが、「半額サポート+」では対象機種の購入のみが条件で回線契約が不要になっている。

10月1日以降も端末価格が最大半額に

月額390円で提供される「半額サポート+」は、機種代金の最大半額が不要になるプログラム。9月13日から提供開始となる。

条件は48回払いで対象機種(スマートフォン、タブレット、ケータイ)の購入と、購入と同時に同プログラムに加入すること。特典を利用するには、25ヶ月目以降に対象機種の購入と旧機種の返却が必要。なお、返却時には査定が必要で査定条件を満たさなかった場合は2万円の支払いが必要になる。

10月1日以降は電気通信事業法の改正によって端末価格の割引が上限2万円に限定されるが、ソフトバンクは「2万円の制限は回線と端末が分離していない場合の話」「(半額サポート+は)回線と分離している。端末の販売という形。2万円というのは関係ない」とした。

「半額サポート+」の加入と特典の利用にはソフトバンクの回線契約が不要のため、ソフトバンク以外のユーザーも利用できるが、「半額サポート+」の提供後も販売される端末にSIMロックが継続されるため、一定期間(SIMロックが解除できない100日間)はソフトバンク系の回線以外で利用できない。

ソフトバンクを解約後でも条件を満たせば機種代金が最大で半額になるというメリットはあるものの、実質的にはソフトバンクユーザーが上限2万円の規制対象にならないためのプログラムと言える。ソフトバンク回線を契約していないユーザーへの提供日は9月26日。

「半額サポート+」の特典・条件まとめ

  • 提供開始日
    • ソフトバンクユーザー:9月13日
    • ソフトバンク以外のユーザー:9月26日サポート内容
    • 25ヶ月目以降の端末価格(最大半額)の支払いが不要に
  • 料金
    • 月額390円 x 24回
  • 加入条件
    • 48回払いで対象機種を購入
    • 購入と同時にプログラムに加入
  • 特典利用条件
    • 25ヶ月目以降に特典利用可能
    • 特典利用時に対象機種の購入
    • 特典利用時に旧機種の返却
    • 旧機種が査定条件を満たさなかった場合、2万円の支払いが必要

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2019/11/21
Twitter、ツイートの予約投稿を提供。まずはウェブ版でテストから

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/11/21
Anker、AC電源+USB-C付きの電源タップ「PowerPort Strip PD 3」を来春発売

iPhone 11

2019/11/21
Apple、iPhone 11向けバッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」を発売

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/11/20
Anker、R2-D2デザインのプロジェクタ、STAR WARSデザインのモバイルバッテリーを限定発売
Recommendこんな記事も読まれています