WAONがApple Payに対応。オートチャージを設定できる「WAONアプリ」も公開

bio
Yusuke Sakakura

WAONがApple Payに対応。オートチャージを設定できる「WAONアプリ」も公開

10月21日、イオンの電子マネー「WAON」がApple Payに対応しました。iPhoneやApple Watchに設定すると、レジで専用のリーダーにタッチするだけで決済できます。

サービス開始に伴い、App StoreではApple Payで利用するための専用アプリ「WAONアプリ」とサービス内容が公開されています。

ついにWAONがApple Payに対応

WAONをApple Payで利用するには、手元にあるWAONカードをウォレットアプリで読み取るか、WAONアプリまたはウォレットアプリで新規発効する必要があります。

WAONアプリを利用しなくてもレジにて現金チャージしたり、Apple Payを使ってチャージできますが、残高・取引履歴の照会やイオンカードによるオートチャージ設定、電子マネーWAON会員登録、ポイントチャージはWAONアプリのみ対応しています。

電子マネーWAON会員登録を行うと、支払い時に獲得できるポイントが2倍になるため、Apple Payで新規発効したり移行したWAONが会員未登録の場合は、WAONアプリから会員登録しておきましょう。

サービス開始に合わせてWAONの新規発行またはウォレットアプリで読み取り時に発効される「Apple PayのWAONの番号」をキャンペーンサイトから登録して1万円以上チャージすると、先着10万名に500ポイントが当たるキャンペーンが実施されています。応募期間は11月4日までです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています