「Xperia 1 III」が発売。最も安いのは一括価格でドコモ、負担金はau

bio
Yusuke Sakakura

「Xperia 1 III」が発売。最も安いのは一括価格でドコモ、負担金はau

ソニーの2021年夏モデル「Xperia 1 III」(エクスペリアワンマークスリー)が発売時期の変更を経てきょう7月9日にドコモ、au、ソフトバンクから発売されました。

最大の特徴は老舗のレンズメーカーであるカールツァイスとコラボしたZEISSレンズのトリプルカメラで、世界初の可変式望遠レンズを搭載することで光学2.9倍ズームと光学4.4倍ズームを利用できます。

一括価格はドコモ版が最安

「Xperia 1 III」の機種代金はドコモ版が154,440円、au版が178,000円、ソフトバンク版が188,640円。

ドコモ版は4Gからののりかえ(MNP)を条件に「5G WELCOME割」による22,000円の割引が適用されます。

au版はau Online Shopで購入すると「au Online Shop お得割」によって新規契約の場合は11,000円、のりかえの場合は22,000円の割引が適用され、機種変更(12ヶ月以上利用)で対象プランと故障紛失サポート(有料)に加入すると「5G機種変更おトク割」によって5,500円が割り引かれます。

以下のとおり一括支払い時の端末価格はドコモが最安です。

docomoauSoftBank
機種代金154,440円178,000円188,640円
割引後の価格新規契約154,440円167,000円188,640円
機種変更154,440円172,500円188,640円
のりかえ132,440円156,000円188,640円

負担金はau版が最安

各社は高額なスマートフォンを購入しやすいようにサポートする購入サポートプログラム提供しています。

約2年間の支払いを終えたあとに端末を返却すると残りの支払いを不要にするプログラムで、特典を利用したときの実質負担金はドコモ版が102,960円、au版が98,440円、ソフトバンク版が94,320円です。

各種割引適用時の負担金は以下のとおり。auが最安ですがauのかえトクプログラムとソフトバンクのトクするサポート+は指定機種への機種変更が必要になるため注意が必要です。

docomoauSoftBank
割引後の負担金新規契約102,960円
4,290円 x 24回
87,440円
4,280円 x 23回
94,320円
3,930円 x 24回
機種変更102,960円
4,290円 x 24回
92,940円
約3,801円 x 23回
94,320円
3,930円 x 24回
のりかえ88,304円
3,678円 x 24回
76,440円
約3,323円 x 23回
94,320円
3,930円 x 24回
オンラインショップで購入

docomo

au

SoftBank

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています