Xperia 1 III|5 IIIにAndroid 12アップデート配信開始!! まずはソフトバンクから

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/02/28 18:39

Xperia 1 III|5 IIIにAndroid 12アップデート配信開始!! まずはソフトバンクから

ソフトバンクが昨年発売したソニーのフラグシップスマートフォン「Xperia 1 III」とプレミアムスマートフォン「Xperia 5 III」向けに最新のソフトウェアアップデートが順次配信されています。

アップデートの内容はセキュリティの向上とAndroid 12へのOSバージョンアップで、カメラアプリ「Photography Pro」の機能追加やスクロールスクリーンショットの新規サポート、プライバシー強化が実施されます。

Xperia 5 IIIは5G SAに対応

カメラアプリ「Photography Pro」では、DISPボタンをタップすると画面に表示するパターンを変更できるようになります。パターン変更はMENU>セットアップ>DISPボタン設定から行い、ヘッダー情報/水準器/ヒストグラムにチェックを入れたものだけ画面に表示されます。

DISPボタンで表示する情報を変更可能に

DISPボタンで表示する情報を変更可能に

MENU>セットアップ>AELボタン設定からISO AUTOやグリッドラインといった機能をAELボタンに割り当てられるようになり、MENU>セットアップ>ファンクションメニューの設定からファンクションメニューに表示される設定機能の割り当てを変更したり、順序の入れ替えが可能になります。

AELボタンに別機能の割り当て

AELボタンに別機能の割り当て

ファンクションメニューに表示する機能や順序の入れ替えも

ファンクションメニューに表示する機能や順序の入れ替えも

史上最大のデザイン変更となったAndroid 12に合わせてクイックパネルと設定画面の見た目が大きく変わります。プライバシー強化としてアプリがカメラとマイクを使用中に右上にアイコンが表示されるようになり、クイックパネルからすぐにそれぞれの機能をオフにすることも可能に。また、アプリに位置情報を提供する際に「おおよその位置情報」を選択できるようになります。

Android 12の新機能としてスクロールスクリーンショットにも対応します。「電源キー」+「音量キーマイナス」の同時押しでスクショすると、対応するアプリにおいて「キャプチャ範囲を拡大」ボタンが表示されるため、タップするとキャプチャ範囲を拡大できます。

「キャプチャ範囲を拡大」ボタンが追加される

「キャプチャ範囲を拡大」ボタンが追加される

さらに、Xperia 5 IIIは2022年春以降開始予定の5Gスタンドアローンに対応します。

項目アップデート内容
カメラBluetooth対応のワイヤレスリモートコマンダー「RMT-P1BT」とシューティンググリップ「GP-VPT2BT」に対応します
Photography ProDISPボタンをタップした時に、画面に表示するパターンを変更することが可能になりました。ヘッダー情報/水準器/ヒストグラムを任意で選択し、表示できます。
Photography ProAELボタンの位置に割り当てる機能を変更できるようになりました。設定しない/AEL/ISO AUTO/グリッドラインから一つ選択できます。
Photography Proファンクションメニューに表示される設定機能の割り当てを変更したり、順序の入れ替えが可能になります。既存の機能に加え、新たに6つの機能を選択できるようになりました。
USB出力映像USB接続した外部機器に出力する映像がカスタマイズ可能となり、「フルHD/60Hz以下」を選択するとバッテリーの消費を抑えることができます。
aptX AdaptiveaptX Adaptive対応ヘッドホン使用時に96kHz/24bitストリーミング再生が選択できるようになりました。
片手モード片手モードの仕様が変わります。「片手モード」ON時に、3ボタンナビゲーション時はホームボタン2度押し、ジェスチャーナビゲーション時はホームバーのスワイプダウンで片手モードが起動します。また、サイドセンスメニューやサイドセンスのジェスチャー操作に割り当てて起動することもできます。上部のスペースをタップすると元に戻ります。
デザインクイック設定パネルや設定内のデザインが大幅にリニューアルされ使いやすくなりました。
プライバシー強化カメラとマイクを使用中は右上にアイコンが表示されるようになり、アプリがカメラやマイクを使用しているのが一目でわかるようになりました。
プライバシー強化アプリに位置情報の提供を許可する際、「正確な情報」と「おおよその位置情報」を選択できるようになります。
プライバシー強化アプリに位置情報の提供を許可する際、「正確な情報」と「おおよその位置情報」を選択できるようになります。
スクリーンショット用途に合わせたより広い範囲でのスクリーンショットが可能に。キャプチャする範囲を選択できるようになりました。 スクリーンショットは「電源キー」+「音量キーマイナス」の同時押しでキャプチャが可能です。
緊急通報SOS電源ボタンを続けて5回押すと、5つのカウントダウン後に110番へ緊急通報することができます。
コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています