Android 12の配信日はいつ?新機能・変更点まとめ

bio
Yusuke Sakakura

Android 12の配信日はいつ?新機能・変更点まとめ

日本時間2月19日、Googleが8月以降の正式配信に先駆けて「Android 12」を先行発表しました。

今回のメジャーアップデートでは、高画質・小容量なAVIF画像のサポートや通知デザイン/インターフェースの改善、触覚ジェネレーターなどが新たに追加されます。

この記事ではAndroid 12の新機能と変更点をまとめています。なお、デベロッパープレビュー版やベータ版の段階では随時状況が変わるので随時最新化します。

目次

Android 12の正式公開はいつ?

GoogleはAndroid 12の正式公開時期を8月以降および今秋と案内しています。

正式版の公開に向けて開発者が準備するために必要なデベロッパープレビュー版が既にリリースされている初期バージョンを含めて3バージョンが4月までに登場する予定。

5月にはベータ版の運用がスタートして8月までに4回のアップデートを実施したのち最終版がリリースされて正式版の配信がスタートします。

Android 12のタイムライン

バージョン配信時期アップデート概要
デベロッパープレビュー12月開発者のフィードバックに重点を置いた初期ビルド
新機能やAPI、動作変更を実施
デベロッパープレビュー23月新機能やAPIの追加、動作変更のアップデート
デベロッパープレビュー34月安定性とパフォーマンス改善のアップデート
ベータ15月最初のベータ版リリース
ベータプログラムに登録したユーザーにアップデートを提供
ベータ2 / ベータ36〜7月ベータ品質の改善アップデート
ベータ48月アプリの最終テストとリリース計画を立てやすくするためのプラットフォーム安定版
Android 12の内部/外部API、アプリのインターフェース動作、非SDK APIリストが最終確定。これ以降、アプリに影響する変更なし
リリース候補版最終リリース版とほぼ同等のアップデート
正式版AOSPとエコシステムに対してAndroid 12を提供

Android 12の対応機種

Android 12の対応機種

デベロッパープレビュー版の時点で発表されているAndroid 12の対応機種はPixel 3シリーズ以降のスマートフォンです。日本で発売されているPixelスマートフォンはすべてAndroid 12の対象です。

なお、5月に公開されたベータ版では、より多くのAndroidスマートフォンでAndroid 12をインストールできるようになりました。

Android 12の対応機種
  • Pixel 5
  • Pixel 4a 5G
  • Pixel 4a
  • Pixel 4 / 4 XL
  • Pixel 3a / 3a XL
  • Pixel 3 / 3 XL

Android史上最大のデザイン変更「Material You」とは?

Android 12では、“Android史上最大”のデザイン変更が実施されます。その鍵となるのが「Material You」です。

Material Youとは、色・形・光・動きなど、すべての体験を見直した新しいデザイン言語で、一人ひとりに最適化するパーソナライズが大きな特徴になります。

壁紙に合わせてスマホ全体のカラーも変更

Android 12の新機能:Material You - 壁紙に合わせてスマホ全体のカラーも変更

Material Youの主要機能は、壁紙に合わせてデバイス全体の見た目ーー特にボタンや文字、時計、ウィジェットなどのカラーを変更する新機能「色抽出」です。

Android 12では、好きな壁紙を選ぶとAndroidは、どの色がメインなのか、どの色がサブなのか、どの色が美しいのかを自動で判別。さらに、その色をシステム全体に適用することで、壁紙を含めたスマートフォン全体の色合いを統一します。

美しく、使いやすいクイック設定パネル

美しく、使いやすいクイック設定パネル

Material Youによって大きく変わったのがクイック設定パネルです。

壁紙に合わせてクイック設定パネルで利用できる機内モードやダークテーマ、夜間モードなどの各ボタンや画面の明るさを調整できるスライダーの色が変化します。

新しいボタンとして、すべてのアプリを対象にカメラやマイクの使用を制限するボタンやGoogle Payやホームコントロールが追加され、Wi-Fiとモバイルデータが「インターネット」として1つに統合されてネットの切り替えがこれまでよりもスムーズになります。もちろん、不要なボタンはこれまで同じようにカスタマイズすることも可能です。

アニメーションやエフェクトも劇的に変化

美しく、使いやすいクイック設定パネル

ボタンの形状や色といった“静”の見た目が変わっただけではなく、アニメーションやエフェクトといった“動”の見た目も劇的に変化して、よりスムーズで、より近代的に進化します。

パフォーマンスと電池持ちも大きく向上

Android 12では見た目だけではなく、中身のパフォーマンスも大きく向上します。

Android 12は、コアシステムサービスに必要なCPU時間が最大22%短縮。システムサーバーでのビッグコアの使用を最大15%削減するなど、内部アップデートによる電力効率の向上によって電池持ちが改善します。

マイクとカメラの盗撮・盗聴を防止

Android 12では、システムやアプリケーションがマイクとカメラの使用を開始すると、画面の右上にそれぞれのアイコンが表示されて、しばらくしたあとに緑色の●に変化します。これによって悪意のあるアプリケーションが盗撮や盗聴しようとしてもすぐに気づくことができます。

カメラとマイクの使用を画面に表示して盗撮・盗聴を防止

カメラとマイクの使用を画面に表示して盗撮・盗聴を防止

また、マイクとカメラを使用している時に通知を表示すると画面の右上にそれぞれのアイコンが表示されてタップすると、どのアプリが使用しているのかを確認したり、マイクとカメラの利用をブロックすることも可能になります。

カメラとマイクの利用をブロックすることも可能に

カメラとマイクの利用をブロックすることも可能に

片手でも使いやすく設定画面が一新

Android 12で最も大きな変更の1つが設定画面の一新です。

小さい説明書きでごちゃごちゃしていた設定画面の最初のページですが、Android 12では各メニューが1行で表示されてシンプルになりました。

SamsungのGalaxyスマートフォンに採用されているOneUIのように画面の上部にビッグフォントでメニュー名を表示して操作エリアを下に押し下げることで片手でも設定画面を操作しやすくなっています。

細かな変更として設定画面の一番上と一番下までスクロールするとアコーディオンのように画面が伸びるアニメーションが追加されています。

設定画面 - ホーム設定画面 - 位置情報設定画面 - ストレージ設定画面 - 顔認証

見た目が“大きく”変わる通知

左:Android 12、右:Android 11の通知

左:Android 12、右:Android 11の通知

Android 12では、Material Youの導入によって通知の見た目も大きく変わります。

通知の形状は丸みが増して少し小さく表示されます。通知の右側に表示されるTwitterやGmailなどプロフィールアイコンが大幅にサイズアップされ、左側に表示されるアプリのアイコンは塗りつぶしの背景に白抜きのアイコンに変化します。

なお、ダークテーマがオフになっている時は白、ダークテーマがオンになっているときは背景はテーマに合わせたカラーで、アイコンは黒で描かれます。

大きなメディアプレイヤー

動画や音楽の再生中にクイック設定パネルやロック画面に表示されるメディアプレイヤーはサイズがコンパクトになりました。アプリ名は表示されなくなり、音楽を操作できるコントローラーも小さくなります。

Android 11の通知デザインAndroid 12の通知デザイン
左:Android 12、右:Android 11の通知

スクショのマークアップツールの進化

スクリーンショットを撮影した後に左下に表示されるマークアップツールがAndroid 12で強化されます。

画面下に表示されるツールバーにはクロップ(切り抜き)やテキストによる文字入れ、消しゴムが新たに追加されたことで便利になりました。

邪魔でしょうがないスクリーンショット撮影後のサムネイルはAndroid 12になっても消すことはできません。ただ、サムネイルを左右にスワイプすることで画面からカンタンに消すことができます。

マークアップツールマークアップツールマークアップツール
新しくなったマークアップツール

Wi-Fiパスワードをニアバイシェアで共有

自宅に来たゲストにWi-Fiを使ってもらう場合、長いパスワードを教えるのは非常に面倒です。

Android 12ではQRコードでのWi-Fiパスワード共有に加えて、ニアバイシェアを使ったWi-Fiパスワードの共有が可能になりました。

ニアバイシェアはAndroid版のAirDropのような機能でローカルWi-FiやBluetoothを利用して手軽に写真や動画、ウェブサイトなどのデータを共有できます。

Wi-FiパスワードをNear by Shareで共有

iPhoneライクな片手モード

ようやくAndroid標準の片手モードが追加されます。スマートフォンの画面サイズが年々大きくなっていくなかで、手の小さい人にとっては朗報です。

Android 12の片手モード

スマートフォンの片手モードには2種類の動作があります。1つはAndroidスマートフォンでよく見られる画面を縮小してコーナーに寄せて表示するもの。もう1つはAppleのiPhoneのように画面をスライドさせるものです。

Android 12にはiPhoneと同じ動作の片手モードが採用されていて、画面の下側を下にスワイプすると片手モードがオンになります。

“グレー”なダークテーマ

Android 11までのダークテーマは真っ黒でしたが、Android 12ではより白いに近いダークに変更されます。

ダークテーマを真っ黒からグレーに緩和する動きはウェブサイトの世界でも起きているので自然なことかもしれませんが、有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンでは電池持ち改善のメリットが薄れることになります。

左:Android 12、右:Android 11のダークテーマ

左:Android 12、右:Android 11のダークテーマ

ロック画面のデザインが微調整

ロック画面のデザインも変更されます。

ダークテーマオンの時は暗め、オフの時は明るくなり、緊急通報のボタンがさらに強調されます。また、9つの点を線で結んでロックを解除するパターンではなぞった跡に残る線が太くなります。

左:Android 12、右:Android 11のロック画面

左:Android 12、右:Android 11のロック画面

ピクチャ・イン・ピクチャの改善

動画を小窓で見ながら別のアプリを操作できるピクチャ・イン・ピクチャは、再生画面をシングルタップ、ダブルタップした時の動作内容が変更され、さらにピンチ操作による拡大表示や画面の端に収納できる機能が追加されます。

Android 12のピクチャインピクチャ
Android 11Android 12
シングルタップ再生画面を拡大表示動画のコントローラーを表示
ダブルタップアプリに戻る動画を最拡大・最縮小
ピンチイン/ピンチアウト非対応動画を拡大・縮小
小窓を画面の端に移動非対応一時的に動画を隠す。再生画面で操作できない時に便利

ウィジェットのデザイン変更

Andoid 12では、ウィジェットを追加する時に検索機能を利用できるようになりました。ウィジェットの追加画面にはすべてのウィジェットがズラっと並ぶのではなく、アプリごとに入れ子になっているので追加するウィジェットをスムーズに追加できます。

見た目の変化としてはウィジェットとアプリを長タップしたときに表示されるポップアップメニューの角丸が大きくなってさらに丸い印象になっています。

Android 12のウィジェット

Android 12のウィジェット

Android 11のウィジェット

Android 11のウィジェット

新しい会話ウィジェットの追加

新しい会話ウィジェット

Andoid 12ではOS標準の新しい会話ウィジェットが追加されました。ウィジェットを追加する時にSlackやTelegramなどの対応アプリを選択すると、友達や家族、仕事のグループとチャットのやりとりをしてからの経過時間やチャットの内容が表示されます。

今後、Googleは友達の誕生日などパーソナルな情報を表示するといった情報もありますが、現時点ではチャットの内容と経過時間が表示されてウィジェットをタップするとすぐにチャット画面にアクセスできます。

正式リリース後はFacebookやInstagramのメッセンジャーやLINEなどが対応するかもしれません。

ホーム画面に新しいグリッドが追加

Pixelスマートフォンで利用できる「Pixel Launcher」に新しいグリッドが追加されます。

グリッドはホーム画面におけるアプリの数を変更できる機能。これまでは5×5、4×4、3×3、2×2の4種類でしたが、Android 12では4×5と2つ目の4×4が追加されました。

新しい4×4はそれぞれのアイコンが小さくなって間隔が空いたことで背景の待受画像が見やすくなっています。

4x4の旧グリッド4x4の新グリッド4x5の新グリッド
左:旧4x4、中:新4x4、右:新4x5

布団の中で便利。画面の「明るさを下げる」新機能

布団の中で便利。画面の「明るさを下げる」新機能

Android 12で画面の明るさを最低よりもさらに下げられる新機能が追加されました。

夜の時間帯や就寝前に照明を消した部屋、起きた直後など目が明るさに慣れていなくて画面が眩しいと感じる時に利用すると便利です。

背面を2回タップしてスクショ撮影「クイックタップ」

スマートフォンの背面を素早くタップしてお気に入りのアプリをショートカット起動したり、スクリーンショットを保存などさまざまな機能にショートカットでアクセスできる「クイックタップ」がベータ2で追加されました。

すでにスマートフォンに内蔵されているセンサーを利用するため、特別なハードウェアは必要ありません。ケースを付けている状態でも利用できます。ただ、現時点でクイックタップを利用できるのはPixel 5のみ。正式版が配信される時に対応機種が増えるかどうかはわかりません。

クイックタップの内容
  • スクリーンショットを撮る
  • Googleアシスタントを起動する
  • 音楽や動画を再生または停止する
  • 通知を確認する
  • お気に入りのアプリを起動する

未発表の新機能・変更

全画面スクリーンショット

Android 11では実装が見送られた全画面スクリーンショット。まだ目に見える形で実装されていませんが、Android 12にも含まれていることがわかりました。

特殊な操作を行って機能を有効にすると不具合はあるものの期待どおりにすべての画面をスクリーンショットで保存できるそうです。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています