2013-05-10 13:36:28
  • トップページ
  • ニュース
  • 2012年度のスマホ出荷台数シェアはAppleがトップ。ソニーモバイルを除く国内全メーカーはシェア減に。
  • 2012年度のスマホ出荷台数シェアはAppleがトップ。ソニーモバイルを除く国内全メーカーはシェア減に。Photo By d’n’c
    MM総研が2012年度の携帯電話出荷台数の調査結果を発表しています。調査から1年間通して初めてAppleがメーカーシェアトップとなったことがわかりました。

    昨年度1位の富士通は2位に

    MM総研の調査結果によれば、Appleが出荷台数を50%近く増やし、シェアでも8.5%の伸びをみせて出荷台数シェアにおいてトップを獲得。

    昨年比で出荷台数とシェアを伸ばしたのはApple、ソニーモバイル、サムスンの3社のみで、ソニーモバイルを除く国内全メーカーは出荷台数、シェアともに減らしていることがわかりました。

    中でも撤退が噂されたNECカシオ(報道後、撤退を否定)とパナソニック(報道後、新体制を発表)は、出荷台数で大幅減を記録。3位のシャープもワーストとなるシェア減を記録しており、国内向けモデルが海外でも発売されるグローバルモデルやローカライズモデルに対抗できないという格好になっています。

    Androidがシェアトップも昨年比でシェア減

    OS別の出荷台数ではAndroidが63.9%でiOSを上回るも、昨年比では出荷台数を増やしながらシェアは5.1ポイント減を記録。

    一方、iOSは出荷台数を50%近く伸ばし、シェアも5.9ポイント増となっており、iPhoneの需要が高いことがわかります。

    TizenやFirefox OSなど低価格向けのOS投入による影響は

    2013年内にはNTTドコモが「Tizen」、auが2014年初頭にも「Firefox OS」といった低価格向けの新興OSを投入する予定でシェアにどのような変化をもたらすか注目です。

    一方、Androidは今夏モデルとして「GALAXY S4」や「Xperia A」、「Xperia UL」といった人気ブランドのスマートフォンを投入すると噂されており、iOSは指紋認証の搭載が噂される次期iPhoneを夏から秋にかけて投入して新興OSを迎え撃つ格好となるようです。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー