bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2015-04-24 19:02:15
  • トップページ
  • Apple Watchの使い方
  • Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる方法
  • Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる方法

    Apple Watchで通知を確認したり操作を終えると、しばらくの時間はディスプレイがオンのままになっています。

    Apple Watchのバッテリーは、1日しか持たないと言われているぐらいですがから、無駄なバッテリーの消費は困りますし、映画館などApple Watchが点灯したままだと困るという場面もあるでしょう。

    そんな時にApple Watchのディスプレイを速攻でオフにする、スリープ状態にする裏ワザがあるので紹介します。

    Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる、スリープ状態にする方法

    やり方はとてもカンタン。Apple Watchの操作が終わったら、優しく手のひらを画面にかぶせてやるだけです。

    Apple Watchのディスプレイを速攻でオフる方法

    ▼わかりやすい動画はこちら


    ちなみに、このディスプレイをオフにする方法はグーグルのAndroid Wearでも同じように使うことができますよ。Android Wearの方はグーグルがテクニックとして正式に提供されている機能になっていますね。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Apple Watchの使い方の人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー