bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2015-05-01 22:14:02
  • トップページ
  • Apple Watch
  • レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想
  • レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想

    4月24日に発売された「Apple Watch」。5分として腕時計を付けていられなかった自分ですが、朝起きてまずはじめにやることがApple Watchを付けて、そのまま一日中着けていられるぐらい可愛がっています。

    発売から今日で1週間ということで現時点のApple Watchのレビュー・感想を書いておくこととします。

    Apple Watchの付け心地がとても良い

    レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想

    これまで何度か腕時計を常用することに挑戦してきましたが、全て失敗に終わりました。その原因というのは腕時計の付け心地がとにかくよくなかったことでした。全然腕にフィットしなくて5分も付けてられません。

    その点、Apple Watchは付け心地がとても良い。

    購入したのはApple Watch Sportで、フルオロエラストマーという聞いたことのない素材でできている、とにかく付け心地の良いスポーツバンドですが、バンドが腕にフィットして、腕時計特有の付けている時の気持ち悪さが皆無。ランニングやシャドーボクシングなど激しく腕を動かしてもズレたり、どこかに飛んで行くなんてことはないまさにスポーツ向けのバンドといった感じ。

    また、今日も27度の熱い中、外出したり、ランニングする際も身につけていますが、汗でバンドが肌に付いてるのが気持ち悪いこともなく、Apple Watchが発熱するのが気になるといったことも全くないです。

    本格的な夏を迎えた時に熱が原因で本体が故障しないかは気になるところですが、今のところそんな素振りは見せていません。

    常時、身に付けるものは付け心地が良くないとダメだと実感しました。どれだけ性能や機能性、ファッション性が良くても付け心地が悪ければ、ウェアラブルとして成立しないなと。

    Apple Watchのバッテリーは余裕で1日持つ

    レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想

    バッテリーが1日持たないと言われたApple Watchですが、朝10時ごろ身につけて、昼にランニングに出かけて、2時間に1回のスタンドの通知を見て体を動かして、1日中、通知が来ても寝る前のバッテリーの容量は30%〜40%です。丸2日は持ちませんが、丸1日ならば必ず持ちます。

    腕時計を充電なんてめんどくさい・・・と言われたりもしますが、寝る前に充電スタンドにApple Watchを置くだけですからね。全然苦じゃないです。

    Apple Watchで通知を確認できるのはそんなに便利じゃない

    既にApple Watchに関する色んなレビューが出ていますが、ポケットからiPhoneを出さずに手首で通知を受け取れるので便利だ、というのをよく目にします。

    確かにApple Watchを身に付けるようになってから、iPhoneを触る時間はかなり短くなったように思います。

    というのも、これまではiPhoneに何らかの通知が来る→通知をチェックする→Twitterやメールなど他のこともチェックする→ニュースをチェックする・・・といった感じで通知を確認したあとに必要ないものまで確認したり、iPhoneをとにかく無駄にいじって遊んでいました。

    Apple Watchで通知を確認するようになると、無駄な遊びにつながるキッカケが少なくなるため、iPhoneを触っている時間がとにかく減ります。

    ただ、手首で通知を受け取れるのが便利か?と言われるとそうでもないです。

    例えば、Gmailの通知だったら表示される情報量はこんなもんです。

    レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想

    結局なんのことかまでは分からないからiPhoneを手に取る必要があります。そんなに重要じゃないメールが来る場合は、Apple Watchでメールのタイトルを確認して切り捨てができますが、仕事関係など重要なメールが多い人にとっては、Apple Watchで通知を確認する無駄な時間が逆に増えるので、最初からiPhone見た方が早いんじゃないかと思います。

    Apple Watchで最も楽しいのは「アクティビティ」

    Apple Watchを毎日のように身につけているのは健康を管理できる機能の「アクティビティ」のためと言ってもいいです。それぐらいApple Watchの「アクティビティ」は凄くよく出来ています。

    Apple Watchの「アクティビティ」では、消費カロリー数の「ムーブ」、早歩き以上の連続運動を1日で30分行う「エクササイズ」、1日のうち12回、1分連続で立つ「スタンド」の3点から健康管理をしてくれます。

    レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想

    健康管理でよくあるのは「あと300kcalの消費で目標達成だよ!」という運動を促す機能ですが、そんなこと言われても、あとどれぐらい運動したら良いのかわからないし、「あと15分身体を動かしたら目標達成だよ!」と、具体的に数値化されると気が遠くなりますが、Apple Watchは3つのリングで視覚的にぼかしてそれを教えてくれます。

    レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想

    Apple Watchのアクティビティでは、まず、「スタンド」の通知を流して立つことを促してくれます。

    レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想

    通知を促すだけでは、アプリの通知と同じようにスルーしてしまうのでは?と思っていましたが、不思議と「あ、立たなきゃな」という気持ちになる。特にデスク作業の人はそう思うようになります。

    立つと今度は、ボーッと1分間立ってるわけにはいかないから、自ずとその場で体を動かすようになります。自分は自宅作業なのでシャドーボクシングしたり、背伸びして体動かしたりしていますが、オフィスで作業しているならばトイレに行ったり、無意味にオフィスから出て自分の席に戻ってくるだけでも1分なんてあっという間でしょう。

    そして、スタンドのためにやったシャドーボクシングなどの運動は、スタンドだけではなく早歩き以上の連続運動を示す「エクササイズ」のリングも円に近づきます。さらに、運動によってカロリーも消費してるので「ムーブ」のリングも円に近づきます。

    レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想

    もうここからはアクティビティのリングを完成させるゲームをクリアする感覚になって、体を動かしたくなります。「体動かすのめんどくせー、ツライ」って思ってたはずの運動が徐々に苦じゃなくなってきます。

    物事を続けるのって生活習慣にしてしまって「やらないと気持ち悪い」ぐらいにまで昇華させないと、なかなか継続できないと思いますが、Apple Watchのアクティビティはそこまでの持って行き方が非常に上手いと思います。

    まだApple Watchを使い始めて7日間なので来週も体を動かすことを続けているかはわかりませんが、Apple Watchを手にする前後では体を動かすことに対する意識が大きく違っていることは確かです。

    Apple Watchのアプリ、数は少ないものの便利なアプリは結構ある。

    Apple Watchのアプリは約3000個とまだまだ少ないですが、開発キットが昨年秋に公開されたということもあって便利なアプリは結構あります。

    例えば、ANAやJALなどの搭乗用バーコードと搭乗までの残り時間を知らせてくれるアプリやレシピ確認とレシピ内のタイマーを設定できる「クックパッド」、ワンタイムパスワードを手首で確認できる「1Password」、事前に検索した乗換案内を確認できる「Yahoo!路線案内」や「駅すぱあと」などはとても便利に使えると思います。

    ただ、どれもこれもiPhoneで確認出来る情報をApple Watchでショートカットのように「確認」するアプリばかりで、Apple Watchで「操作」をメインとするアプリはとても少ないです。

    操作をメインにするアプリで唯一、おもしろいと思ったのはゲームアプリの「たまごっち」。ボタン操作でごはんをあげたり、しつけをしたりできます。

    レビュー:Apple Watchを7日間使ってみた感想

    「世話してくれ!」の通知がうざすぎて多すぎてアプリごと削除しましたが・・・

    今のところ便利なApple Watchアプリは手首で情報をサッと確認できるアプリで、操作系のアプリはこれからといった感じでしょうか。現在はiOSアプリとセットで使うアプリの開発のみが認められており、今年後半移行にApple Watchに特化したネイティブアプリの開発も可能になるため、面白いApple Watchのアプリはまだまだこれから出てくるものと思われます。

    スマホで発見!!たまごっち
    スマホで発見!!たまごっち
    価格:¥120(記事投稿時)
    カテゴリ:ゲーム, エンターテインメント, シミュレーション, ファミリー
    アプリの評価:

    Apple Watchは時計としてどうなのか?

    通知やアクティビティはあくまでもスマートウォッチとしての機能ですが、Apple Watchは時計でもあり、これまで時計を使い続けていた人がスマートウォッチに対して「腕時計としてはどうなのよ?」と、難色を示す人も多いようです。

    特にApple Watchが時間を示すまでに多少の時間がかかることが気になるそうです。たった数秒とは言え、今まで時間がかかっていなかったのに待たされる、それも時計に待たされるというのはストレスが貯まるのでしょうか。

    そういった人にとって今のApple Watchは、はっきり言って「ナシ」かなと。今後のOSアップデートでAndroid Wearのように常時時計が表示される機能が追加されることを待つのが良いと思います。

    Apple Watchにとても満足している7日間

    個人的な意見ですが、腕時計がファッションとしてカッコイイとは思えなく、スマホでも時間が確認できるのに、ちょっとだけ時間を早く知るためだけに何万、何十万、何百万も金を出すなんてありえない、本体もバンドも金属は汗で臭くなるし、手入れも大変そう、付け心地も最悪、というように腕時計が自分に合わない要因を多数に含んでいました。

    その点、Apple Watchはお世辞にもカッコいいとは言えないけど、付け心地はとても良く、長時間つけていられるなど最低限のことはクリアしている上に、体を動かすことも促してくれて実際に体を動かす機会も増え、手首で通知を確認することによってiPhoneの無駄な遊びも減るということで悪いことはありません。

    時間を確認するのに多少の時間はかかりますが、腕時計を常用したことがないため、それも全く気になりません。

    Apple Watchはこんな人にオススメ!とか、買ったほうが良い!買わない方が良い!とか言うつもりはなく、単純にApple Watchを使った感想として書いてみました。7日間しか使ってないので今後どう転ぶかはわかりませんが、とりあえず今はApple Watchにとても満足しています。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Apple Watchの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー