bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ソフトバンク
  • ソフトバンク、8月からSIMロックの解除期間を短縮。一括払いで即日解除も
  • ソフトバンク、8月からSIMロックの解除期間を短縮。一括払いで即日解除も

    ソフトバンクが2017年8月から2017年12月にかけてSIMロック解除の条件を順次変更すると発表した。

    SIMロックの解除・期間変更はドコモが2017年5月から実施、auも8月からのSIMロック解除の条件変更・期間短縮を発表している。

    ソフトバンク、8月からSIMロックの解除条件を変更

    2017年7月までのSIMロック解除条件

    現在、ソフトバンクでSIMロック解除を行うにはいくつかの条件が設定されている。

    発売日が2015年4月までのSIMロック解除に対応した機種では購入日からSIMロックが解除できるが、2015年5月以降に発売された機種においては購入日から180日間はSIMロックが解除できない。

    ソフトバンクの回線を解約した場合は解約日から90日以内のみSIMロックの解除が可能。ただし、解除できるのは契約者本人だけで第三者は手続きができないため、中古スマホを購入してもSIMロックの解除ができない。

    1. 2015年4月までに発売されたSIMロック解除対応機種に限り即日解除できる
    2. 2015年5月以降に発売された機種は181日目から解除できる
    3. ソフトバンクを解約した場合は解約日から90日以内のみ解除できる
    SIMロックを解除できるのは回線を契約していた本人のみ
    4. 故障中の機種は修理完了後であること
    5. ネットワーク利用制限中でないこと

    2017年8月からSIMロックの解除期間が短縮

    2017年8月から順次SIMロック解除の条件や解除できない期間の短縮が実施される。これらの変更は2017年7月31日以前に購入した機種も対象だ。まずは8月1日からSIMロックを解除できない期間が180日から100日に短縮される。

    なお、変更の対象となるのは2015年5月以降に発売された機種。これ以降、2015年4月までに発売された機種の解除条件については記述しない。

    1. 購入日から101日目以降に解除できる
    2. ソフトバンクを解約した場合は解約日から90日以内のみ解除できる
    SIMロックを解除できるのは回線を契約していた本人のみ
    3. 故障中の機種は修理完了後であること
    4. ネットワーク利用制限中でないこと

    2017年12月から一括払いで即解除可能に

    2017年12月から端末を一括払いで購入した場合、さらに残債をすべて精算すると、支払いの確認が取れた時点でSIMロックを解除できるようになる。ただし、購入した機種の継続利用および適用条件の継続契約を条件に料金を割引くサービスが適用されている場合は購入日から100日間は解除できない。

    端末を分割払いで購入した場合、過去に対象回線でSIMロック解除の実績があり、前回の解除日から101日目以降である場合も即日SIMロックを解除できるようになる。

    なお、ソフトバンクを解約している場合は解約日から90日以内にSIMロックの解除が必要だが、分割払いで機種を購入した場合は購入日から100日間はSIMロックが解除できない。

    分割払い一括払い
    購入日から101日目以降
    ※前回の解除から101日目以降なら即解除できる
    機種代金の支払確認後
    継続利用・継続契約を条件とした割引サービスが適用されている場合は購入日から101日以降であること
    ソフトバンクを解約している場合、解約日から90日以内であること
    ※分割払いで機種を購入した場合、購入日から100日間はSIMロック解除不可
    SIMロックを解除する端末の購入履歴があること
    故障中の機種は修理完了後であること
    ネットワーク利用制限中でないこと

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ソフトバンクの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー