W56T – 有機ELディスプレイとリバーシブルスタイルを採用。

au

W56T – 有機ELディスプレイとリバーシブルスタイルを採用。


東芝製の「W56T」は、メインディスプレイに2.8インチの有機ELディスプレイを、ワンタッチでディスプレイ側が360°回転する「リバーシブルスタイル」を採用しています。

機能面では、EV-DO Rev.Aワンセグ、デジタルラジオ、おサイフケータイ、オープンアプリプレーヤー、Bluetoothに対応する。

ボーダフォン以来のリバーシブルスタイルですね。

W56Tのスペック

■サイズ
・約50×106×17.8.mm

■重さ
・約145g

■メインディスプレイ
・2.8インチ
WQVGA(240×400ドット)
・有機ELディスプレイ

■サブディスプレイ
・7×7ドットLED

■メインカメラ
・有効約324万画素CMOSカメラ

■サブカメラ
・-

■連続待ち受け時間
・検討中

■連続通話時間
・検討中

■外部メモリ
・microSD

■備考
EV-DO Rev.A
ワンセグ
・デジタルラジオ
・おサイフケータイ
・オープンアプリプレーヤー
Bluetooth

■ボディカラー
・ハイウェイオレンジ
・チャイナホワイト
・ユニバースブラック

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Watch

2021/01/22
ついに!Apple Watchの心電図アプリが日本登場。近日公開

お役立ちコンテンツ

2021/01/21
スタバWi-Fiにつながらない時の対処方法や使い方

Xperiaの噂・最新情報

2021/01/21
「Xperia 10 III」の画像とスペック公開。超マイナーアップデートに

iPhoneの噂・最新情報

2021/01/21
Apple、今年は「iPhone 12s」を発売?13を飛ばす理由とは
Recommendこんな記事も読まれています