bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

EV-DO Rev.A

EV-DO Rev.Aとは、2004年3月に制定された、セクター当たり下り3.1Mbps/、上り1.8Mbpsと上り方向のパケット通信高速化に特化した方式です。

EV-DO Rev.Aでは、電波状況などの通信環境に応じて通信中に動的に変調方式や符号化率を切り替える適応変調符号化によって通信速度を向上しています。


第3世代の移動対通信方式のCDMA2000のデータ通信を高速化した派生規格。また、EV-DO Rev.0方式を更に改良したものでもあります。

特徴としては、従来のEV-DO Rev.0に対して通信速度の向上、マルチキャストに対応、QoSの実装の3つです。
■通信速度の向上
通信速度は、従来のEV-DO Rev.0は、下り最大2.4Mbps、上り最大144kbpsでしたが、EV-DO Rev.Aでは下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsと向上しています。

通信環境で通信方法を変えることによって、現在の通信環境において1番速く確実な通信を行なう技術が高度化され、より細かく現在の通信環境に対応できるようになり、同じ状況でもEV-DO Rev.0よりも品質の高いサービスを提供することができるようになっています。


■マルチキャストに対応
EV-DO Rev.Aでは、1対多の通信を可能とするマルチキャストに対応しています。

マルチキャストへの対応により、1人が多人数に対してデータを配信するといった放送型通信が可能となります。


■QoSの実装
EV-DO Rev.0では、ベストエフォード型通信だったために通信速度や通信品質は保証されていませんでした。

これに対して、EV-DO Rev.Aでは、ネットワーク上で特定のユーザーに帯域を優先的に割り当てることにより、いろいろな通信用途に対して一定の通信速度と通信品質(QoS)を保証できるようになったことで、EV-DO Rev.0では成り立ちにくかったサービスも行うことが可能になりました。
この記事も読まれてます!
Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

コメントを残す

(任意)
(任意)

携帯用語辞典の人気エントリー

まだデータがありません。

本日の人気エントリー
今週の人気エントリー