bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au、07年秋冬モデル公式発表

au
au、07年秋冬モデル公式発表
auが2007年秋冬モデルとして8機種を発表しました。夏モデルとは違い、機種数も約半分となり、ブランドケータイは1機種になっています。

W53K – 使いやすさを追求したワンセグスリムケータイ。
W53H – 有機ELとWoooが成す高画質ワンセグケータイ。
W54S – 2.8インチ有機ELディスプレイ搭載。
W54SA – ワンセグしながらネットが楽しめる。
W55T – 薄さ9.9mmのスリムケータイ。
W56T – 有機ELディスプレイとリバーシブルスタイルを採用。

・簡単ケータイ A1407PT – 骨伝導スピーカー搭載
・A5529T – 6つのでか機能搭載

目立つのはやはり有機ELとEV-DO Rev.A!

新プラットフォーム採用で変わる利便性

KDDIとクアルコムが共同開発していた新プラットフォームの「KCP+」を2007年秋冬モデルの一部機種に採用されます。

これにより、「マルチプレイウィンドウ」の対応、「VIVID UI」の導入、「ゲームの3Dの描画」の強化が可能となっています。

マルチプレイウィンドウ
マルチプレイウィンドウは複数のアプリケーションを同時起動できる機能。同時に立ち上げることのできる数に上限はありませんが、メモリが上限に達するとそれ以上の立ち上げは不可になります。

また、上下に画面を分割することで2つまでのアプリケーションを同時に表示することが可能となっています。分割表示可能なアプリケーションは、 対応アプリケーションのみとなっています。

対応機種では、本体に「マルチキー」が配置されています。これを押すと起動中のアプリケーション一覧を見ることができ、他のアプリケーションに切り替えて表示することが可能です。

複数のアプリケーションを起動している場合は、表示されているアプリケーションが電力を消費し、バックグラウンドで起動しているアプリケーションはほとんど電力を消費しない仕様。しかし、バックグラウンドで起動しているアプリケーションでも、音楽プレイヤーやGPS、パケット通信などが作動していると電力を消費することになります。

今回の秋冬モデルには「W56T」「W54S」「W54SA」に搭載されており、今後搭載機種を拡大していく予定だそうです。

au07年秋冬モデル総まとめ

「Woooケータイ W53H」以外に目を張るものがないんですよね。確かに有機ELやEV-DO Rev.Aといった魅力的な機能などはあるんですがNTTドコモの秋冬モデルである「905iシリーズ」と比較してしまうとあまりにも劣ってしまいます。

残念だったのは発表機種が少ないことですね。いつもは10を超える端末を発表してくるんですが、今回は「カシオ」や「パナソニック」、「シャープ」といった販売ランキングで上位にランクされているメーカーの端末が発表されませんでした。特に「カシオ」なんかは固定ユーザーを抱え込んでいる気がするのですが・・・。

ちなみに僕が選ぶなら機能性で「Woooケータイ W53H」、デザインで「W54S」かなぁと。昔は「W54S」みたいなシンプルなデザインは好きじゃなかったんですが^^;

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2018/07/21
「iPhone 9」の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

スマホのアクセサリ・グッズ

2018/07/20
GoProの写真・動画をスマホに送る・転送する方法

iPhone SE

2018/07/19
LINEモバイル、「iPhone SE」の販売開始。価格は30,800円から

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中
Recommendこんな記事も読まれています