KDDI研究所、1Gbpsの高速赤外線通信を開発。

Yusuke Sakakura

KDDI研究所、1Gbpsの高速赤外線通信を開発。


KDDI研究所が1Gbpsの高速赤外線通信を実証したと発表しました。

現在普及している赤外線通信は4Mbpsとなっており、今回KDDI研究所が開発した高速赤外線通信は約250倍高速で利用可能となっています。

ソニーのTransfer Jetに対抗。

先日、ソニーが新データ転送技術であるTransfer Jetを開発したとお伝えしましたが、今回KDDI研究所が発表した高速赤外線通信も似たようなもので、ケーブルを接続せずに簡単に短時間で大容量のデータを転送することが可能になるといったものです。

高速赤外線通信は、例えば、携帯オーディオプレイヤー用のCD アルバム1枚分のデータ(約120MB)を、わずか1秒で転送できるとのこと。

KDDI研究所では2009年までに標準化を検討しているようで、auの携帯電話にも高速赤外線通信が標準搭載されるでしょう。

株式会社KDDI研究所 – プレリリース
http://www.kddilabs.jp/press/detail_83.html

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

AirTag

2021/05/06
新着記事
AirTagのストーカー対策による警告音は小さく15秒・一定間隔と判明

Twitter

2021/05/06
Twitter、ようやく縦長画像に対応。縦長にならない原因は?

Twitter

2021/05/05
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除
Recommendこんな記事も読まれています