ソフトバンクが10ヵ月連続純増数1位!

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:23

ソフトバンクが10ヵ月連続純増数1位!

電気通信事業者協会は、2008年2月末時点の携帯電話とPHSの契約数を公表しました。

ソフトバンクモバイルが228100件と3ヶ月連続純増数20万件超で10ヵ月連続で4キャリアを通して1位となりました。auは201200件で2位、NTTドコモは43700件で3位、イー・モバイルは42800件4位。

先日お伝えした通り、auは「プリペイドカードを無料配布し、純増数を拡大」していたので今月もプリペイドケータイの純増数が82100件と、他キャリアと比較してとても多く、2月の純増数の1/3がプリペイドケータイだったということになります。

ついにソフトバンクモバイルは10ヵ月連続で首位。NTTドコモは最下位脱出!

ちなみに、第3世代携帯電話の純増数は、NTTドコモが497100件、ソフトバンクモバイルが449000件、auが263000件、イー・モバイルは42800件と、3G端末ではNTTドコモ、ソフトバンクとau、イー・モバイルに大きな差ができました。

MNPを利用した契約数は、ソフトバンクモバイルが35500件、auは32400件、NTTドコモは66400件のマイナスとNTTドコモのみがマイナスとなっており、既存ユーザーの囲い込みに失敗しているようです。

事業者別契約数
http://www.tca.or.jp/japan/database/daisu/yymm/0802matu.html
2008年1月もソフトバンクが純増1位、ドコモは最下位。
http://mobilelaby.com/blog-entry-1229.html

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています