auの新シリーズ「CA001」と「HI001」がJATEを通過。

au

auの新シリーズ「CA001」と「HI001」がJATEを通過。


auの来季モデルと思われるカシオ日立モバイルコミュニケーションズ製の「CA001」と「HI001」がJATEを通過しました。

11月4週の今週の携帯電話ニュースでお伝えした通り、来季モデルからの新シリーズの導入を伴って型番が変更されています。

あれ?WINシリーズの「W」がないということは・・・。

認定機器一覧表 平成20年11月1日~平成20年11月15日認定

今回通過したauの端末はカシオ日立モバイルコミュニケーションズ製の「CA001」と「HI001」の2機種となっています。

型番のルールとしては前部のアルファベット2文字がメーカーを表しており、その後の数字が機種数を表しているようです。

気になるのは機種の数を表す数字の部分が3ケタもあることですね。
1年間でリセットされるならば2ケタで十分ですし・・・。

もうひとつはこれまで型番に入っていた「WINシリーズ」を表す「W」の文字が入っていないことです。今冬モデルで「WINシリーズ」は終了ということですかね?

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 mini、本体の厚みとカメラの出っ張り増加?

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 Pro Maxのサイズ判明か。図面流出

au

2021/04/16
携帯3社、オンラインで端末のみ購入解禁へ。ドコモは非契約者にケータイ補償サービス提供
Recommendこんな記事も読まれています