ソフトバンクモバイル、2009年春モデルとして9機種を発表。

bio
Yusuke Sakakura

ソフトバンクモバイル、2009年春モデルとして9機種を発表。


ソフトバンクモバイルは2009年春モデルとしてAQUOSケータイやスライドのEXILIMケータイ、ハローキティケータイなど9機種を発表しました。

AQUOSケータイ 932SH – バーチャル5.1chサウンドを搭載
930P – 2WAYキーを搭載したVIERAケータイ
930CA – スライドEXILIMケータイ
831SH – コンパクトワンセグケータイ
831SH KT – ハローキティとのコラボケータイ
831P – クロスカットデザインワンセグケータイ
830N – アークスライドケータイ
731SC – シンプルなストレートケータイ

AQUOSケータイ 932SHが魅力的すぎる!

AQUOSケータイ 932SHがスゴイ!
やっぱりシャープのソフトバンクモバイル端末の力の入れ方は尋常ではないですね。

「Newサイクロイドスタイル」や「Wワンセグチューナー」、「バーチャル5.1chサラウンド」、「800万画素CCDカメラ」など挙げればキリがないほど高スペックな端末になっています。

個人的に気になったのは「EXILIMケータイ 930CA」です。スライドのボディにデジカメライクのデザインがとてもカッコいいですよね。GPSやBluetoothには対応していませんが、デザインではかなり僕好みの端末です。

「8シリーズ」では、アークスライドを採用している「830N」が好印象です。ミドルレンジモデルながら7.2MbpsのHSDPAをサポート、3インチのFWVGAを搭載するなどハイエンドモデルと遜色のない高スペックとなっています。

au対ソフトバンクモバイルでは完全にソフトバンクモバイルの勝利ではないですかね。
スペック的にもデザイン的にも質がかなり高いと思います。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています