bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型iPhone、名前は「iPhone 9」「iPhone XS」「iPhone XS Plus」?

iPhoneの噂・最新情報

新型iPhone、名前は「iPhone 9」「iPhone XS」「iPhone XS Plus」?

来月9月12日の発表が噂されている新型iPhoneの名前がリークされた。今年の新型iPhoneは、5.8インチ・6.1インチ・6.5インチモデルの3ラインナップになる可能性が高く、ディスプレイやカメラの性能によって異なる名前がつけられるようだ。

新型iPhoneは、iPhone 9/iPhone XS/iPhone XS Plus?

フランスのメディア、Les Numériquesが信頼できる情報筋から入手した一枚の画像(当記事トップ画像)を公開した。画像には発売が噂されている全3機種の新型iPhoneの特徴と名前が記述されている。

5.8インチの有機ELディスプレイを搭載するモデルは「iPhone XS」、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載するモデルは「iPhone XS Plus」、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載するモデルは「iPhone 9」となっていてナンバリングを継続する形になっている。なお、「XS」は“10s”を意味していて読み方はテンエスとなるようだ。

すべてのモデルがガラスのバックパネルを採用することでワイヤレス充電をサポート。カメラは「iPhone 9」がシングルカメラで、販売価格が約1,000ユーロ(日本円で約13万円)に設定される「iPhone XS」と「iPhone XS Plus」は背景ぼかしを適用できるポートレート撮影が可能なデュアルカメラを搭載すると書かれていて噂どおりの内容になっている。。

画面サイズで性能を比較できない新型iPhone

iPhone 9/iPhone XS/iPhone XS Plusの名前から読み取れることは、今後、Appleが低価格な液晶ディスプレイを採用したモデルと高価格な有機ELディスプレイを採用したモデルの名前を別にして展開していくということだ。

通常、画面サイズが大きくなるに連れて高性能になっていくが、6.1インチの「iPhone 9」のスペックは5.8インチの「iPhone XS」を下回ると報じられていて混乱するユーザーも多いだろう。すでに、iPadはそういった関係性になっているが、明確に区別するために高性能なモデルを「iPad Pro」、比較的性能が劣るモデルを「iPad」として展開している。同じように画面サイズで性能を比較できなくなった新型iPhoneがそうなってもおかしくはないはず。

ただ、Les Numériquesのリーク実績が充実しているとは言えず、この画像の信ぴょう性が高いとも言えない。Mobile Funも新型iPhoneの名前が「iPhone(2018)」「iPhone XS」「iPhone XS Plus」になると報じたが、昨年は発表直前まで「iPhone Edition」が有力視されていたものの「iPhone X」となった。名前に関してはもう少し様子を見る必要がありそうだ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ニュース

2019/05/22
Uber Eats、月額9.99ドルで配送料無料のサブスクを準備中か

ニュース

2019/05/22
更新:ファーウェイ、スマホ向け独自OSを開発か。名前は「HongMeng OS」?

au

2019/05/22
HUAWEI P30 lite / Proの発売日が延期に(ドコモ、au、ワイモバイル、UQ)

未分類

2019/05/22
300億円祭でLINE Payボーナスが届かない?付与に遅れが発生
Recommendこんな記事も読まれています