bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Google、第2回「Android Developer Challenge」を開催!

Android
Google、第2回「Android Developer Challenge」を開催!
Googleは、第2回「Android Developer Challenge」の受付を8月から開始すると発表しました。

「Android Developer Challenge」は、Android端末で動作するアプリケーションの開発コンテスト。
賞金は全体で200万ドル(日本円で約1億9000万円)となっています。

ちなみに第1回の優勝者はGoogleで働いています。

グーグル、第2回「Android Developer Challenge」を開催へ:モバイルチャンネル – CNET Japan

第2回Android Developer Challengeでは、以下の10カテゴリが用意されます。

・教育/リファレンス
・ゲーム: カジュアル/パズル
・ゲーム: アーケード/アクション
・ソーシャルネットワーキング
・ライフスタイル
・生産性/ツール
・メディア
・エンターテインメント
・旅行
・その他

また、アプリケーションはコミュニティの投票により選出され、10カテゴリに分類された200のアプリケーションが最終選考までに残ることになります。

さらに、10月に2次選考がコミュニティの投票で行われます。コミュニティの投票は最終結果の45%分を占め、残りの55%はGoogleが選んだ審査委員会によって決定されます。

賞金は、カテゴリ毎の上位3作品の開発者が得ることができ、さらに全カテゴリを通して上位3作品の開発者も賞金を得ることができます。
また、第1位の賞金は25万ドル(日本円で約2千3000万)となっており、全体の賞金としては約200万ドル(日本円で約1億9000万円)となっています。

ちなみに、第1回Android Developer Challengeで優勝したJeff Sharkey氏はGoogleで働いており、Android Developer Challengeでサクセスストーリーを描く事も可能なようです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/14
今度はLINE Payが20%還元スタート。年末まで、上限5000円

Pixelの噂・最新情報

2018/12/14
Pixel 3/Pixel 3 XL、アップデートでおサイフケータイが起動しない不具合を改善

スマホのアクセサリ・グッズ

2018/12/14
500個限定・500円オフ、2種類の入力端子&超大容量バッテリー「Anker PowerCore Lite 20000」発売

スマホアプリ

2018/12/14
ポケモンGO、あす早朝から伝説のポケモン「ルギア」と「ホウオウ」が期間限定で登場
Recommendこんな記事も読まれています