bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソニー・エリクソン、Rachel-「XPERIA X10」を発表!

Android
ソニー・エリクソン、Rachel-「XPERIA X10」を発表!
ソニー・エリクソンが同社初となるAndroidケータイ「XPERIA X10」を発表しました。

「XPERIA X10」は、4インチのFWVGA表示対応の静電容量式タッチパネルを搭載しており、CPUには1GHzのSnapdragonプロセッサを採用しています。

独自UIは素晴らしいが・・・。

ソニー・エリクソン初のAndroid携帯 XPERIA X10 発表、国内版も登場予定

XPERIA X10のスペック
■サイズ
・約119 x 63 x 13mm

■重さ
・約135g

■メインディスプレイ
・4.0インチ
・FWVGA表示対応
・静電容量式タッチパネル

■メインカメラ
・有効約810万画素カメラ
・オートフォーカス対応

■CPU
・1GHz Snapdragon プロセッサ

■内蔵メモリ
・1GB

■外部メモリ
・microSDHC(最高16GB)

■備考
・無線LAN
・Bluetooth
・UXプラットフォーム

モッサリの原因は独自UI?
Engadgetに掲載されている動画では、メニュー画面などが超モッサリで使い物にならないレベルです。

しかし、Googleマップやブラウザなどアプリを起動させるとサクサク動いていますね。このレベルならシングルタスクのiPhoneに引けを取ってないと思います。

このような事象からメニュー画面がモッサリなのはおそらく独自UIが原因と言えそうです。確かにこのUIはソニー・エリクソンらしくて素晴らしいですが、ここまでモッサリだと・・・。

端末のサイズは流出していた「117.9×61.9×12.8mm」という情報よりも大きくなっています。公表されたサイズはiPhone 3GSの「115.5×62.1×12.3mm」よりも若干大きくなっています。
iPhoneのサイズでも個人的には使いにくく、実用性はHT-03Aよりも劣ると思っているのでこれはちょっとネックですね。XPERIA X10はディスプレイの下部にハードキーが装備されているため、なおさら使いにくくなるのではないでしょうか。まぁここら辺は実際に触ってみないとわかりませんが。
デザインはさすがソニー・エリクソンといった感じですね。超カッコイイ!

ちなみにXPERIA X10の発売日は2010年前半となっており、XPERIA X10にプリインストールされるOSはAndroid 1.6なのかAndroid 2.0なのかは不明とのこと。端末は黒と白の2色展開となっているようです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/14
今度はLINE Payが20%還元スタート。年末まで、上限5000円

Pixelの噂・最新情報

2018/12/14
Pixel 3/Pixel 3 XL、アップデートでおサイフケータイが起動しない不具合を改善

スマホのアクセサリ・グッズ

2018/12/14
500個限定・500円オフ、2種類の入力端子&超大容量バッテリー「Anker PowerCore Lite 20000」発売

スマホアプリ

2018/12/14
ポケモンGO、あす早朝から伝説のポケモン「ルギア」と「ホウオウ」が期間限定で登場
Recommendこんな記事も読まれています