欧州スマートフォン市場でAndroidが2000%以上の成長。

bio
Yusuke Sakakura

欧州スマートフォン市場でAndroidが2000%以上の成長。


米comScoreが欧州スマートフォン市場のプラットフォームのシェアを調査し、結果を発表しました。

同社が調査を行ったのはイギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアの5カ国。調査結果によれば、1位はSymbianで58%、2位はAppleで18%、3位はMicrosoftで13%となっています。

前年比の成長率ではGoogle、Apple、RIMという順に。

欧州スマートフォン市場でiPhoneのシェアが18%に増加 – ケータイ Watch

スマートフォンのプラットフォームでSymbian、Apple、Microsoftに次いで4位がRIMで8%、5位がGoogleで3%となっています。

また、前年比の成長率としてはスマートフォン全体が38%で、Googleが2429%、Appleが161%、RIMが87%、Symbianが18%、Microsoftが8%となっています。

Androidのシェアはまだまだといった感じですが、成長率が恐ろしい数字になっています。
前年はそこまでAndroidというOS自体知られていませんし、Androidを搭載した端末も限られていたため、恐ろしい数字になっていると思いますが、それでも2位のiPhone OSと比較して15倍以上の成長となっているのは凄いですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています