Microsoft、Androidの特許侵害でMotorolaを提訴。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:25

Microsoft、Androidの特許侵害でMotorolaを提訴。


WindowsPhoneの開発を手掛けるMicrosoftは、AndroidをOSに採用したMotorolaの端末が特許を侵害しているとしてMotorolaを提訴したと発表しました。

今回もGoogleが支援

Microsoft、Android端末の特許侵害でMotorolaを提訴 -INTERNET Watch

Microsoftが提訴した内容は電子メールやスケジュール、連絡先の同期、信号強度とバッテリー残量の通知機能の技術。

Microsoftは提訴についてMicrosoftはソフトウェア資産やサービスに毎年数十億ドルを投資し、これらを守っていく責任があるとコメントしています。

対するMotorolaは声明を発表していないものの、米報道機関では「訴状を受け取ってないため、現時点で詳細についてコメントしない。ただ、本件については断固として自社を擁護していく」と伝えているようです。

また、Androidを展開するGoogleについては「Microsoftが古い特許で提訴したことを残念に思う。訴訟には関わってないが、Motorolaを支援する」とコメントしたとのこと。

これでApple、Microsoft、Oracleの計3社から提訴されることになりました。今回は提訴された内容がアレですね・・・。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています