「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」 – Android3.0、Tegra 2搭載。

bio
Yusuke Sakakura

「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」 – Android3.0、Tegra 2搭載。


auの2011年春モデルであるMotorola製の「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」は、Android 3.0を搭載したタブレットPC。

「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」は、OSに最新のAndroid 3.0を搭載したモデルで、メインディスプレイにはiPadよりも大きい10.1インチの液晶を搭載したタブレットPCです。

また、3G通信は利用できず、無線LANのみで利用することになります。

物理キー非搭載のフルタッチパネルモデルです。

現時点では、Flash Playerには対応していませんが、後日対応することがAdobeより発表されています。
また、microSD/microSDHCについてはAndroid 3.0がサポートしておらず、発売日後にサポートされるようですね。

オプション品としては、スピーカードックとスタンダードドックの2種類のドック、Bluetoothキーボード、スタンダードケースとジェルケースの2種類のケースそしてHDMIケーブルとなります。

バッテリーの駆動時間としては、YouTubeの連続利用時間が約510分と長時間利用が可能になっています。

「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」の発売日。
・4月上旬以降発売

「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」のスペック。
■サイズ
・約249×167×12.9mm

■重さ
・約700g

■メインディスプレイ
・約10.1インチ
・1280×800ドット

■メインカメラ
・有効約500万画素CMOSカメラ

■サブカメラ
・有効約200万画素CMOSカメラ

■連続待受時間
・約480時間

■連続通話時間
・約510分

■内部メモリ
・32GB

■外部メモリ
・microSDHC(最大32GB)

■備考
・無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています