bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Android、ニールセンの調査でもトップシェアに!

Android

米マーケティングリサーチ会社のニールセンがアメリカのスマートフォンシェアの調査結果を発表しました。

ニールセンが発表した調査結果によれば、Androidのシェアは29%でiOSとBlackBerry OSの27%を上回って1位になったようです。

若者はAndroidを利用する!?

Android OS、米ニールセンの調査でも初の1位 台湾HTCが躍進 :ソフトバンク ビジネス+IT

調査結果によれば、1位はAndroidの29%、2位はiOSとBlackBerry OSの27%、4位はWindows Mobile、Windows Phone 7の10%、5位はPalm、WebOSの4%とのこと。

また、各スマートフォンのユーザー層としては、18歳~24歳の若年層でAndroidが8%でiOSやBlackBerry OSの4%を上回っています。

調査結果にも出ている通り各OS・スマートフォンの差は僅差ですが、圧倒的な早さでBlackBerryとiPhoneを飲み込んでしまったAndroidはやはり凄い。

AndroidはOSと端末が一:多であるため、シェアや販売台数と言った調査結果では圧倒的に有利ではありますが、OS自体も凄く良い物に仕上がってきたことも急速にシェアを伸ばしてきている要因になっていると思います。iPhoneでできることがAndroidではできないなんてことはほとんどありませんしね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2019/01/20
一括648円のジョジョスマホ。あす21日に入荷予定

Googleニュース

2019/01/20
Googleマップ、スピード違反取締機の位置と制限速度を地図上に表示・警告する機能が追加

iPhone SE

2019/01/20
Apple、米で「iPhone SE」の再販開始。クリアランスセールで

iPhone 6s / 6s Plus

2019/01/19
ワイモバイル、iPhone 6sを一括500円で投げ売り中
Recommendこんな記事も読まれています