Google、Androidのマルウェアを端末からリモート削除。

bio
Yusuke Sakakura

Google、Androidのマルウェアを端末からリモート削除。


先日Androidマーケットに複数のマルウェアが発見されましたが、これに対してGoogleではAndroidマーケットからアプリの削除やアプリをインストールした端末からリモート削除を行ったことを明らかにしました。

端末識別番号とOSのバージョン情報を収集?

グーグル、Androidのマルウェア対策を発表 – アプリのリモート削除などを実施 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

Googleによれば、マルウェアとされていたアプリケーションはAndroidの脆弱性を利用して端末の識別番号やAndroidのOSバージョンを収集していたとのこと。
Googleでは該当のアプリをAndroidマーケットから削除し、インストールされた端末からリモート削除を行ったようです。開発者のアカウントも停止されています。

今回のアプリでは古いOSの脆弱性をついたものであり、Android 2.2.2以降のOSならば被害には遭わないとのことです。

ちなみに、Googleがこのアプリの存在に気づいたのは3月1日なので5日後(この情報が明らかにされたのは3月5日)に対応されたようですが、ちょっと遅い感じは否めないですね・・・。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています