Google、Motorolaの携帯電話事業部門を買収。

bio
Yusuke Sakakura

Google、Motorolaの携帯電話事業部門を買収。


GoogleがAndroidスマートフォンの大ヒットシリーズ「Droid」で知られるMotorolaの携帯電話事業部門を買収したことを発表しました。

Nexusシリーズはどうなる?

今回の買収によるGoogleの狙いは大きく分けて2つあって、1つは携帯電話を製作できる会社となり、OSの開発から端末の製造まで一手に引き受けが可能となるエコシステムを構築できること。2つ目はMotorolaが持っている特許を獲得し、現在Googleが訴えられている特許問題を有利に進めることができるというもの。

確かにGoogleはソフトウェアを開発する力はあるものの、端末を製造する力はなく、これまでのNexusシリーズもソフトウェアはGoogleが、端末はHTCやサムスンなどの企業に委託する形でした。これをGoogleだけで賄えるとなればOSと高い親和性をもったiPhoneの様な端末も製造できるでしょうね。

ただ、GoogleはこれからもAndroidはオープンであり続けると主張していて、iPhoneの様にAppleしかiOSを搭載する端末を作れないということはなく、今後も色んなメーカーからAndroidスマートフォンが提供されます。

この買収により、気になるのはやはり次のNexusシリーズですよね。噂ではサムスン製と言われていますが、もしかしたらMotorolaかも!?

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています