bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Android向けにGoogle日本語入力ベータ版が登場!

Android

ついにGoogle日本語入力がAndroid向けに提供されました。

動作対象となるのはAndroid 2.1以上のスマートフォン。タブレットやハードキーボードでの動作はサポート外となっています。

将来的にはプリインストールされるのでしょうか。

設定画面ではキーボードの配列を視覚的に選ぶことができます。


キーボードの配列をケータイ配列にした場合、入力方式はケータイ、ケータイ+フリック、フリックから選択することができますね。


フリックの感度やキーボードのデザインなどは変更できないようですね。今後のアップデートに期待したいですね。

入力画面はこんな感じ。
キーボードのサイズはでかくもなく、小さくも無くちょうどいい感じ。


「記号」を選択すると記号や顔文字、さらに絵文字を入力することができます。
また、記号や顔文字、絵文字はカテゴライズされていてかんたんに入力したい記号を探すことができます。


肝心の文字入力においてはPC版でも定評がある様にAndroid版でも文字変換の精度はかなり高いレベルで利用できます。
ただ、フリックの感度調節ができないためたまに意図しない文字が入力されたり、定型文やユーザー辞書機能を備えていないため文字入力にストレスを感じるケースもあります。

個人的にはかな入力時にスペースが全角になることやテンキーの非表示機能がないことが不満点として挙げられますね。
逆に文字入力時のバイブ機能の強弱がちょうど良いレベル。ATOKは強すぎてバイブ音が聞こえるぐらいなので。

ベータ版の段階でここまで快適に文字入力が行えるため、正式版にはかなり期待できそう。
とりあえずフリック感度の調整機能とユーザー辞書機能、かな入力時の半角スペース対応は最低限。ユーザー辞書機能の共有機能がプラスαで正式版にてサポートされていると良いなーと。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Google Home

2019/10/23
Google Home、自動アップデートで文鎮化する不具合が報告される

Pixelの噂・最新情報

2019/10/22
Pixel 4、サード製ワイヤレス充電器で最大11Wの急速充電に対応

Pixelの噂・最新情報

2019/10/22
Pixel 4、顔認証に対応するアプリは5つだけ。開発者の対応が必要

ポケモンGO攻略

2019/10/22
ポケモンGO、オンライン対戦機能「GOバトルリーグ」を2020年早期に提供
Recommendこんな記事も読まれています