bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

7月に発売が噂される次期Xperiaモデル「Xperia Hayabusa」がTELECを通過。

Android

総務省が技術基準適合証明等の公示を行いました。公示された端末には次期Xperiaモデルと見られるモデルが含まれています。

Xperiaモデル初のXiモデルに?

情報元:総務省 電波利用ホームページ | 技術基準適合証明等の公示(平成23年度分)

公示内容によればLTEに対応していることや800MHz帯のW-CDMAをサポートしていることが明らかになっています。また、国内でW-CDMAの800MHzはドコモのみがサポートしていることからドコモ向けの端末であることがわかります。

認証された型式は「AAL-8880002-BV」となっており、既に発表されている「Xperia NX SO-02D」の「AAD-3880136-BV」、「Xperia acro HD SO-03D」の「AAD-3880132-BV」とも異なっていることから全く別のモデルであることがわかります。

流出したロードマップからコードネームHayabusaの発売日は7月とされており、価格については31990インドルピー(日本円で約5万円)とされています。

ついにXperiaも夏季モデルでXiに対応することになりそうです。「Xperia acro HD-03D」を購入しようかと思っていましたが、発表済みの「Xperia SO-02D」とともにXi非対応となっているので見送りにするか迷いますね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2019/04/23
メルペイにあと払いが登場。翌月にコンビニやATMで支払い可能に

スマホアプリ

2019/04/23
+メッセージ、公式アカウント提供へ。レストラン予約や住所の一括変更など可能に

LINE Pay

2019/04/23
iOS版「LINE Pay」アプリの配信開始。超Payトク祭りの上限額が1万円に

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/04/23
最大100W出力のUSB PD充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」が発売
Recommendこんな記事も読まれています