HuaweiがAndroidスマートフォン「Ascend D」シリーズを発表!Android 4.0×クアッドコア搭載のスマートフォンも。

bio
Yusuke Sakakura

HuaweiがAndroidスマートフォン「Ascend D」シリーズを発表!Android 4.0×クアッドコア搭載のスマートフォンも。


「Huawei」という名を聞いてピン!と来る人も多いはず。イー・モバイルからモバイルWi-Fiルーターなどを発売しているメーカーですが、バルセロナで開催中のMWC 2012にて「Ascend D」シリーズを掲げ、Androidスマートフォンを3機種発表しました。

日本での発売も!

情報元:Mobile World Congress 2012:HuaweiがAndroid 4.0+クアッドコアの「Ascend D」シリーズ発表――日本でのLTE版展開にも期待 – ITmedia +D モバイル

「Ascend D」シリーズでは、OSにAndroid 4.0を搭載し、ハイエンドモデルにはクアッドコア(4コア)と16コアのGPUを採用するというウルトラブックやノートPCを軽く上回るスペックとなるようです。

今回発表されたのはクアッドコアを搭載した「Ascend D quad」、バッテリーを強化した「Ascend D quad XL」、デュアルコアの「Ascend D1」の3モデル。

3機種にはAndroid 4.0が搭載、内蔵メモリは8GB、RAMは1GB、ディスプレイは4.5インチ・720×1280ピクセルの液晶が採用されます。

個々の仕様としてはクアッドコアを搭載したモデルにはCPUに1.5GHzと1.2GHzのバリエーションが用意され、デュアルコアを搭載した「Ascend D1」には1.5GHzのCPUが採用されているとのこと。また、バッテリー強化モデルの「Ascend D quad XL」は大容量の2500mAhのバッテリーを採用、「Ascend D quad」は1800mAh、「Ascend D1」は1670mAhとなります。

発売時期に関してはデュアルコアの「Ascend D1」が4月、「Ascend D quad」と「Ascend D quad XL」は7月~9月に順次発売されるとのこと。

グローバル展開とありますが、Huaweiでは日本への展開も予定しており、ハイエンドモデルにLTEを追加サポートさせて発売するようです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています