ソニーモバイル、Android 4.0を採用した「Xperia neo L」を発表。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:25

ソニーモバイル、Android 4.0を採用した「Xperia neo L」を発表。


ソニーモバイルがAndroid 4.0を初めてプリインストールする「Xperia neo L」を発表しました。
情報元:Xperia™ neo L MT25i – 索尼XPERIA智能手机(中国)

「Xperia neo L」は、Xperiaとして初のAndroid 4.0をプリインストールしたモデルとなります。その他のスペックとしては、メインディスプレイには4.0インチ、解像度はFWVGAのTFT液晶を採用。CPUは1GHzのシングルコア、512MBのRAM、500万画素のCMOSカメラを搭載といったものになります。

初のAndroid 4.0プリセットモデルとなりますが、CPUはシングルコアでRAMは512MBと日本モデルでいえば「Xperia acro」と同等のスペックになっています。

また、発表は中国の北京で行われており、グローバルな展開がされるのかは現時点で不明です。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています