ソフトバンクが契約数”3000万件”を”3000万人”と表現している件について。

ソフトバンク

ソフトバンクが契約数”3000万件”を”3000万人”と表現している件について。


全てのはこのツイートが始まり。社長自らが「契約者が累計3000万人を突破しました。」と報告していますが、これは明らかに偽りです。
何が偽りなのかというとその単位。3000万人契約と3000万件契約では大きく異なります。何が異なるのかというと「契約数が3000万件突破」であれば紛れもなく契約件数は3000万件ですが、「契約数が3000万人突破」と表現する場合、1人あたりの契約数によって契約件数は大きく変わってしまいます。

例えば3000万契約で1人が2契約していれば契約件数は6000万契約となり、シェアNo1のドコモと同等の契約件数になってしまうわけです。

ツイートだけであればただの誤投稿とも解釈できますが、キャンペーンサイトでも大々的に「3000万人突破!」と謳っているのは明らかな意図が感じとれますね。
3000万人突破!大感謝プレゼント | ソフトバンクモバイル

極めつけはこの注釈。注釈をつける事自体が疑問なわけですが、注釈の表記も”1契約1人”となっていて”3000万人”契約との単位をズラすことでわかりづらくしていますよねコレ。通常の表現であれば1人1契約だと僕は思うわけです。


ここまで頑なに3000万人契約を謳うのはなにか意図があってのことなのでしょうか

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

あまた へ返信する コメントをキャンセル

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2021/01/27
楽天モバイル、29日に新プラン発表。ahamo対抗?3〜5GB・月額1000円の報道も

ソフトバンク

2021/01/27
SoftBank on LINEの先行受付が開始。3,000円相当プレゼントも

Apple Watch

2021/01/27
Apple Watch SE/3/2/1で心電図アプリは使えない

Apple Watchの使い方

2021/01/27
Apple Watch、心電図アプリの使い方と計測方法
Recommendこんな記事も読まれています