bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、リストバンド型の新ガジェット「iWatch(仮称)」の特許申請

Apple Watch

米Appleが腕時計型のガジェットの特許を申請していることが明らかになりました。特許が申請されたのは以前より噂されている「iWatch」と見られています。
情報元
アップルが腕時計型端末開発か NHKニュース

手首サイズに合わせてディスプレイを点灯!?

米特許商標庁が公開した資料では「iWatch」は噂されている「腕時計型」というよりもリストバンドに近い形状をしています。


また、Appleが申請した特許技術の名称は「BI-STABLE SPRING WITH FLEXIBLE DISPLAY」となっており、バンド自体がマルチタッチ対応のディスプレイとして役割を果たすだけでなく、ユーザーの手首のサイズに合わせて一部のディスプレイ部がオフになると噂されています。

NHKではこれまでは噂でしかなかった「iWatch」ですが、Appleが特許を申請したことで本格的に実用化を目指していると伝えています。

実用されればAppleは電話を再発明したiPhoneに続いて、腕時計まで再開発することになりますがさてどうなるでしょうか。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2020/04/06
iPhone 12、4眼カメラの画像が発見される

iOS

2020/04/05
iOS 14、Androidのような「ウィジェット」に対応か

iPhoneの噂・最新情報

2020/04/04
iPhone SE2の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

ソフトバンク

2020/04/03
ソフトバンク、50GBのデータ追加を無償提供。新型コロナを受けて
Recommendこんな記事も読まれています