bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモの2013年冬モデルが大量に技適を通過!

未分類
ドコモの2013年冬モデルが大量に技適を通過!
ソニーモバイルやシャープ、富士通の機種がスリートップとしてラインナップされると噂されているドコモの2013年冬モデルですが、昨日、総務省が公示した技適の証明を受けた機器一覧に2013年冬モデルとみられる機種が多数含まれていました。

技適を通過したドコモの2013年冬モデルと思われる機種は以下のつ

L-01FはLG電子がフラグシップモデルとして発表し、世界中で発売されている「LG G2」であると噂されています。LG-D820は既にFCCの認証を受けているモデルですが具体的なことはわかっていません。Nexus 5ではないかとの声もありますが、フラグシップの「LG G2」と同時期発売というのがちょっとひっかかります。

サムスン電子の2機種についてはどちらかがGALAXY Note3であり、もう一方が日本向けにカスタマイズされたGALAXYのスマートフォンかと思います。

富士通の2機種について詳細はわかりませんが、いずれも無線LANの認定を受けていることから以前技適を通過した際に無線LANの認定を受けていなかった「FMP122-L1K8」はプロトタイプで今回技適を通過した2機種のどちらかが「FMP122-L1K8」の製品版にあたるものかと思います。

ソニーモバイルのPM-0610-BVはXperia Honami(Z1)のコンパクトモデルまたはXperia Ray 3と噂されている機種になるかと思います。

そして、パナソニックとNECカシオの機種が技適を通過していますが、NECカシオは既にスマートフォン事業から撤退を表明、パナソニックは冬モデルの投入を見送るとされており、いずれも2013年冬モデルとしては発表されず、幻の端末になるかと思います。

▼Xperia Honami(Z1)についてはタッチ&トライできるイベントが9月13日に行われますが、もしかすると小型のモデルに触れることができるのかもしれませんね。
ソニーモバイル、次期Xperiaのタッチ&トライイベントを9月13日に開催!ドコモからの発表も同日に?

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています