Appleが二審も敗訴、3億超の損害賠償命令ーiPodのクイックホイール特許侵害で

Appleニュース

Appleが二審も敗訴、3億超の損害賠償命令ーiPodのクイックホイール特許侵害で


iPodに採用された入力インターフェース「クイックホイール」において、日本人の男性が特許を侵害されたとしてAppleに対し、100億円の損害賠償を求めていた裁判にて3億3000万円の損害賠償を命ずる一審判決が昨年9月に出ていました。

男性とAppleは一審の判決内容を不服として控訴しましたが、二審判決においてもAppleに対してほぼ同額の損害賠償が命じられたようです。

第一審と同じくAppleの特許侵害が認められるも賠償額は変わらず

男性は第一審にてiPodの売上高である6274億8000万円からクリックホイールのライセンス料とされる10%の627億円4800万円の損害を被ったとして100億円の損害賠償を請求。

結果として、たった3%の3億3000万円の賠償命令となったことを不服として男性が控訴、Appleも特許侵害を不服として控訴していました。

4月24日に知的財産高等裁判所で行われた二審では一審と変わらず、Appleに対し3億3000万円の賠償が命じられたようです。

iPod発売前に売り込みをかけるも交渉決裂

男性は、1998年にクイックホイールと同じ技術をもったデバイスを開発。同年にAppleに売り込みをかけたものの、条件が折り合わず交渉は決裂していました。

それから3年後の2001年にAppleはクイックホイールが搭載された初代iPodを発売。
Photo By Prime Number

男性は2005年に経営する会社名義で特許申請(特許番号第3852854号)を行い、2006年に登録されていました。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2021/01/20
MVNO委員会、ahamo対抗は「極めて困難」。接続料の引き下げを強く要求

キャッシュレス

2021/01/20
スマホ決済調査、d払いの利用急増。PayPayはダウン

au

2021/01/19
au、プラチナバンド5Gを2021年春に開始。Galaxy S20、Xperia 1 IIは非対応

キャッシュレス

2021/01/19
ユニクロペイ開始。始め方・使い方を解説
Recommendこんな記事も読まれています