iPhone 6の基板にNFCチップ搭載スペースが見つかるも、多数の疑問点も見つかる

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 6の基板にNFCチップ搭載スペースが見つかるも、多数の疑問点も見つかる


以前、iPhone 6の基板がリークされたものの、NFCチップの搭載箇所が見当たらないことから「iPhone 6はNFCに未対応である」とお伝えしました。

当時、搭載箇所が見当たらないと指摘したのはMacRumorsでしたが、以前の見解を撤回し、iPhone 6の基板にNFCチップの搭載箇所が見つかったと伝えています。

iPhone 6の基板にNFCチップの搭載スペースが見つかる

以下の画像はGeekbarがリークしたiPhone 6の基板をクローズアップしたもので、緑色の枠にはLTEのモデムが搭載され、赤色の枠にNFCチップが搭載されることを示しています。


Mac RumorsのフォーラムにPN65の公式ドキュメント(PDF)が投稿され、そこからはNFCチップが5×5mmの正方形であることと、32個の端子が伸びていることが明らかになったようです。


さらに、iPhone 6の4.7インチと5.5インチの基板にiPhone 5sにはなかった5×5mmと全く同じサイズの正方形のスペース(以下の図の赤枠の部分)が発見され、ここにNFCチップが搭載されるのではないかと伝えています。


NFCチップの搭載スペースに対する多数の疑問点も・・・

ここからはMacRumorsではなく、僕の見方となります。

Mac Rumorsでは「PN65」のドキュメントを参考にしていますが、iPhone 6に搭載されると伝えられているNFCチップの型番は「PN65V」であり、「PN65」ではありません。

もちろん、PN65とPN65Vでサイズや端子の数が変更される可能性があり、Geekbarが以前リークした「PN65V」の回路図を見る限り、端子数も大きさも異なっているため、全く同じになるとは考えにくいです。

また、「PN65」が32個の端子を持つとのことですが、NFCチップ搭載用のスペースに用意されている端子数は28個となっており、4辺に8個の端子を持つ「PN65」に対して、NFCチップの搭載スペースには、上辺と下辺に8つ、左右に6つの端子を持っているなど、インターフェースが微妙に違っています。


これらのことから、iPhone 6の基板にNFCチップの搭載スペースが見つかったというMac Rumorsの主張は誤りであるという見方もできるかと思います。

この見方はiPhone 6がNFCに対応するという噂を否定するものではありませんが、少なくともNFCチップの搭載スペースとしては考えにくいというのが個人的な意見です。

▼ちなみに、iPhone 6にNFCが搭載されてもおサイフケータイが使えるわけではありません。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2021/03/06
ahamoは留守番電話に非対応。着信通知サービスには対応

Pixelの噂・最新情報

2021/03/06
Pixel 5a、6月11日に発売か。新型Pixel Budsは4月中旬に登場?

Twitterニュース

2021/03/05
Twitter、ツイートの送信取り消し機能を開発中

au

2021/03/05
povoの対応機種は全189。iPhone 6sやSIMフリースマホなど追加発表
Recommendこんな記事も読まれています