bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「Amazon Pay」がQRコード決済に対応。手数料0円など武器にキャッシュレス競争に参戦

Amazon

「Amazon Pay」がQRコード決済に対応。Amazonもキャッシュレス競争に参戦

8月29日、Amazonの決済サービス「Amazon Pay」がQRコード決済に対応した。飲食店や美容院、衣料品店などの実店舗でAmazonショッピングアプリに表示されるQRコードを提示すると決済できる。

2020年までの決済手数料無料キャンペーンも

「Amazon Pay」は、Amazonショッピングアプリに表示されるQRコードを専用の決済端末で読み取ると、決済が完了するキャッシュレス決済サービス。

利用するにはスマートフォンにダウンロードしたAmazonショッピングアプリ起動して、メニューから「すべてを見る」→「Amazon Pay」に進み、決済用のQRコードを表示する。店舗側が決済端末のタブレットで支払額を入力してQRコードを読み取ると、Amazonアカウントに登録したクレジットカード情報を利用して決済される。

店舗には専用の決済端末を無料で貸し出し、費用が高額なPOSレジの導入が難しい中小規模の商店をメインターゲットにする。Amazon Payの決済手数料は3.5%に設定されるが、2020年末まで0%にするキャンペーンも実施する。

日本国内のキャッシュレス決済率は約18%と、韓国(89.1%)やアメリカに比べて非常に低い状況にある。日本政府は2025年までにキャッシュレス決済率を40%に引き上げる「キャッシュレス・ビジョン」を掲げ、キャッシュレス化を促進させている最中だ。

スペースが限られている店舗のレジエリアを巡ってオリジナル決済デバイスを開発するLINEやドコモ、ソフトバンクなど多数の企業が熾烈な競争をみせているが、Amazonも「手数料0円」「追加登録不要」などを武器にキャッシュレス競争に参戦する。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/07/17
東京ディズニーランド/シー、公式アプリでファストパスが取得可能に

iPadの噂・最新情報

2019/07/17
Appleのレインボーロゴ復活か。一部の新製品で年内にも

セール

2019/07/16
4ヶ月99円、音楽聴き放題の「Amazon Music Unlimited」キャンペーンは今日まで

Pixelの噂・最新情報

2019/07/16
Pixel 4、またロンドンで実機が目撃される
Recommendこんな記事も読まれています