Google、ベータ版Android 11を誤って配信。新機能も明らかに

Yusuke Sakakura

Credit: Mishaal Rahman

Googleが2020年第3四半期に公開を予定している「Android 11」

日本時間6月4日に開催予定のイベントで先行発表され、ベータ版も提供される予定だったが、全米に拡大するデモ活動の影響で中止になった。

延期後のスケジュールは発表されてなかったが、Googleは一部ユーザーに誤ってベータ版のAndroid 11を配信してしまったようだ。

ベータ1で追加される新機能も明らかに

XDA-DevelopersのMishaal Rahmanが“beta version of Android R (RPB1.200504.018)”と書かれたスクリーンショットを公開している。2人のPixel 4 XLユーザーからベータ版Android 11のアップデートを入手したとTwitterのダイレクトメッセージで報告を受けたそうだ。

これによりベータ版で追加される新機能も明らかにされている。

電源ボタンを長押しすることでクレジットカードやパスを表示したり、スマートデバイスを操作するための管理パネル「Power menu」やホーム画面のアイコンの形を変更できるオプション、利用頻度の高いアプリをホーム画面の下段に表示してくれるサジェスト機能、フローティングで表示されるバブルをタップするとそのままメッセージのやり取りができる機能などが追加されているとのこと。

残念ながら全画面スクリーンショットはまだ利用できないそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています