bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

次期「Android P」で“切り欠き”を標準サポートか――コードネームは「ピスタチオアイスクリーム」

Android

「Android 9.0」で“切り欠き”を標準サポートか――コードネーム「ピスタチオアイスクリーム」

ピスタチオアイスクリーム / Photo by Nimmi Solomon

ファーウェイやASUSといった巨大メーカーが近日中に発表する新型スマートフォンのリーク情報から今年のスマホは“切り欠き”がトレンドになると書いたが本当にそのようになるかもしれない。

Googleは今秋にもリリースする次期Androidで“切り欠き”をOS標準でサポートするようだ。

次期「Android P」の新機能が明らかに

Bloombergの報道によれば、GoogleはAppleが昨年発売した「iPhone X」のようなNotch――いわゆる“切り欠き”に対応したコードネーム、ピスタチオアイスクリーム(暫定)と呼ばれる次期バージョン「Android P」の開発に取り組んでいるとのこと。

実はAppleよりも先にAndroidの父と呼ばれるAndy RubinのEssential社が発表した「Essential Phone」に“切り欠き”は搭載されている。フロントカメラが配置されているギリギリのエリアまでディスプレイが伸びているが、「iPhone X」のように左のステータスバーを下げると通知を表示、右のステータスバーを下げるとコントロールセンターを表示といった機能性はなく、高い画面占有率を実現するためだけのものになっている。

Essential Phone

“切り欠き”を搭載した「Essential Phone」

実際にはステータスバーが表示されることがほとんどなので高い画面占有率もあまり意味をなしていないが、もし、OSレベルで“切り欠き”がサポートされれば、ごちゃごちゃして使いにくいステータスバーやクイック設定パネルを切り離すことが可能になる。機能を分離することでデザインもスッキリして非常に使いやすくなるはずだ。

Bloombergでは、次期「Android P」では、“切り欠き”のサポートのほかにも電池持ちの改善、新しいデザイン、2画面スマホのようなマルチディスプレイや折りたたみディスプレイのサポート、さらに開発者が対話型AI「Googleアシスタント」をアプリに組み込めるようになると報じている。Googleアシスタントはホーム画面に配置されている検索バーと統合することも検討しているが、今年のアップデートでサポートされるのか確定してないとのこと。

例年どおりであれば、Googleは3月に「Android P」のプレビュー版を開発者向けにリリースし、初夏に開催されるGoogle I/Oで先行発表。秋に正式リリースするはずだ。なお、今年のGoogle I/Oはアメリカ・カリフォルニア州で5月8日に開催されることが決定している。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone XS / XS Max

2018/09/25
iPhone XS/XS Max、Wi-Fiや4G/LTEの通信が不安定になる不具合発生か

iOS 12

2018/09/25
Apple、リアルタイムのボケ調整機能を「iOS 12.1」で追加へ

お役立ちコンテンツ

2018/09/25
macOS Mojaveの「ダークモード」の使い方〜キーボードショートカットの作り方も

Apple Watch

2018/09/25
「Apple Watch Series 4」レビュー
Recommendこんな記事も読まれています