bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「MagSafe」、15W出力のワイヤレス充電器などアクセサリとして復活

Appleニュース

速報:「MagSafe」がワイヤレス充電器として復活

Appleが10月14日に開催したオンラインイベント『Hi, Speed』にて「MagSafe」を発表した。

MacBookの充電器として採用されていたMagSafe。USB-Cへの以降に伴い姿を消していたがiPhone向けのワイヤレス充電器として復活した。マグネットの利用が大きな特徴になっている。

1分でわかる「MagSafe」

MagSafeの特徴

「MagSafe」の特徴
  • 「MagSafe」がマグネットを活用したアクセサリとして復活
  • 最大15W出力のワイヤレス充電器
    • マグネットでカンタンにワイヤレス充電できる「MagSafe充電器」
    • iPhoneとApple Watchを同時に充電できる「MagSafeデュアル充電パッド」
  • MagSafe対応ケース
    • クリアケース
    • シリコンケース
    • レザーケース
    • スリーブ
    • レザーウォレット
  • 発売日は10月16日から順次

マグネットでワイヤレス充電のデメリットを解消

「MagSafe」がiPhoneのアクセサリとして戻ってきた。アクセサリはワイヤレス充電器と充電器に対応するケースの2種類。

ワイヤレス充電器はマグネットを内蔵することでワイヤレス充電の弱点である位置ズレによる充電効率の悪化等の問題が起きないため、いつでも最大のパフォーマンスで充電が可能。

MagSafeの特徴

また、QiのワイヤレスデバイスでiPhoneを充電する場合は最大7.5W出力のため時間がかかるが、MagSafeならiPhone 12シリーズを最大15Wで急速充電できる。MagSafe充電器はQiのワイヤレス充電器としても利用できるため、iPhone 12シリーズ以外も充電可能だが最大7.5W出力に留まる。

税別4,500円の「MagSafe充電器」と発売日未定の「MagSafeデュアル充電パッド」の2種類。デュアル充電パッドはiPhoneだけでなくApple Watchも同時に充電が可能。折りたためるため持ち運びに便利だ。

MagSafeデュアル充電パッド

MagSafeに対応したiPhoneケースも登場する。

ケースはシリコン、クリア、レザー、ウォレット、スリーブの5種類。いずれもケース内部に取り外しのためのマグネットを内蔵(iPhone 12シリーズの本体内部にもマグネットが内蔵されている)するためカンタンに着脱が可能。ケースを付けたままMagSafeで充電できる。

MagSafeの特徴
MagSafeの特徴

MagSafeの特徴

ウォレットは身分証明書やクレジットカードを収納可能。本体に直接装着することはもちろん、クリアやシリコンケースの上から装着することもできる。マグネットを利用しているためクレジットカードの収納するのは不安に感じるかもしれないがシールド機能によって安全に利用できるとのこと。

なお、MagSafeアクセサリはApple以外のサードパーティからも登場予定だ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています