bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2017/12/31 10:13
  • トップページ
  • Appleニュース
  • iPhone、電池劣化による性能低下は80%未満の劣化で発症か
  • Apple、バッテリー交換費用の減額は1月以降に提供〜交換条件も明らかに

    Photo by iFixit

    Appleがバッテリーの劣化によってiPhoneの性能を低下させていた問題で保証対象外のバッテリー交換費用を減額すると発表した。減額の適用時期については明らかにされていなかったが、サポートに問い合わせたところ1月以降になるようだ。

    なお、バッテリー交換費用の減額は性能が低下しているiPhoneに限定されるが、具体的な条件や性能低下の条件も明らかになった。

    バッテリーの減額は2018年初頭のアップデート後

    アメリカでは既に減額後のバッテリー交換サービスがスタートしているようだが、Appleサポートに問い合わせたところ、日本では2018年1月以降に適用される予定とのこと。

    日本では今の段階で明確なサービス開始予定時期が明らかになっていないようだが、Appleから既に案内されているとおり、バッテリーの状態を確認できる新機能が追加される2018年初頭に配信予定のアップデート後に減額対応が始まるようだ。

    Apple、バッテリー交換費用の減額は1月以降に提供〜交換条件も明らかに

    これはバッテリー交換費用の減額対象が電池劣化によって性能が低下しているiPhoneに限定されていることが理由となっている。つまり、バッテリーが劣化しているかどうかをユーザーが調べられる状況になってから減額対応を行うことになる。

    Appleは2016年11月からiPhone 6sのバッテリー交換プログラムを提供しているが提供直後に利用者が続出してバッテリーが在庫不足になったことが影響しているのかもしれない。

    バッテリーの交換条件は電池性能が80%未満になってからとのことだった。Appleは「今回の判定基準もバッテリーの性能が80%未満になった場合、発症する可能性があるため」と説明している。つまり、Appleは電池性能が80%未満になった場合にiPhoneのパフォーマンスを低下させているようだ。

    Apple、バッテリー交換費用の減額は1月以降に提供〜交換条件も明らかに

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Appleニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー