bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone、電池劣化による性能低下は80%未満の劣化で発症か

Appleニュース

Apple、バッテリー交換費用の減額は1月以降に提供〜交換条件も明らかに

Photo by iFixit

Appleがバッテリーの劣化によってiPhoneの性能を低下させていた問題で保証対象外のバッテリー交換費用を減額すると発表した。減額の適用時期については明らかにされていなかったが、サポートに問い合わせたところ1月以降になるようだ。

なお、バッテリー交換費用の減額は性能が低下しているiPhoneに限定されるが、具体的な条件や性能低下の条件も明らかになった。

バッテリーの減額は2018年初頭のアップデート後

アメリカでは既に減額後のバッテリー交換サービスがスタートしているようだが、Appleサポートに問い合わせたところ、日本では2018年1月以降に適用される予定とのこと。

日本では今の段階で明確なサービス開始予定時期が明らかになっていないようだが、Appleから既に案内されているとおり、バッテリーの状態を確認できる新機能が追加される2018年初頭に配信予定のアップデート後に減額対応が始まるようだ。

Apple、バッテリー交換費用の減額は1月以降に提供〜交換条件も明らかに

これはバッテリー交換費用の減額対象が電池劣化によって性能が低下しているiPhoneに限定されていることが理由となっている。つまり、バッテリーが劣化しているかどうかをユーザーが調べられる状況になってから減額対応を行うことになる。

Appleは2016年11月からiPhone 6sのバッテリー交換プログラムを提供しているが提供直後に利用者が続出してバッテリーが在庫不足になったことが影響しているのかもしれない。

バッテリーの交換条件は電池性能が80%未満になってからとのことだった。Appleは「今回の判定基準もバッテリーの性能が80%未満になった場合、発症する可能性があるため」と説明している。つまり、Appleは電池性能が80%未満になった場合にiPhoneのパフォーマンスを低下させているようだ。

Apple、バッテリー交換費用の減額は1月以降に提供〜交換条件も明らかに

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Google Home

2019/10/23
Google Home、自動アップデートで文鎮化する不具合が報告される

Pixelの噂・最新情報

2019/10/22
Pixel 4、サード製ワイヤレス充電器で最大11Wの急速充電に対応

Pixelの噂・最新情報

2019/10/22
Pixel 4、顔認証に対応するアプリは5つだけ。開発者の対応が必要

ポケモンGO攻略

2019/10/22
ポケモンGO、オンライン対戦機能「GOバトルリーグ」を2020年早期に提供
Recommendこんな記事も読まれています