bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

革新的なクレカ「Apple Card」が登場。Apple関連の支出は3%で即日還元、年会費なし

Appleニュース

速報:革新的なクレカ「Apple Card」が登場。Apple関連の支出は3%で即日還元、機械学習で請求元をわかりやすく変換

日本時間3月26日に開催されたAppleのスペシャルイベントで「Apple Card」が発表された。

Appleが提供するクレジットカードサービスで、iPhoneと強固に連携することでクレジットカードを再設計する

最も安全なクレジットカードがAppleから登場

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

“革新的で新しいクレジットカードサービス”「Apple Card」は、iPhoneからすぐに申し込みができるサービス。マスターカードブランドで世界中の店舗およびオンラインで利用できる。

iPhoneのApple Walletアプリで利用額や支払日が確認でき、iMessageを使った24時間・365日のサポートも利用できる。

クレジットカードの利用金額はフード・ドリンク、ショッピング、エンターテイメントなどのカテゴリやアイコンでわかりやすく確認可能。わかりにくい請求元はマシンラーニングによってわかりやすく変換され、クレジットカードを使った場所はAppleマップで見ることもできるなど既存のクレジットカードで感じていたストレスが解消される。

クレジットカード選びで重要なのはリワード、つまり還元だ。既存のクレジットカードは価値がわかりにくいポイントで月末に還元される。「Apple Card」では、支払いや送金に利用できるApple Pay残高として即日還元する。還元率は基本2%でApple StoreやApple MusicなどApple関連の支出は3%で還元される。もちろんキャッシュバックに上限はない。

優れたクレジットカードには会費が付き物だが、Apple Cardには年会費や遅延手数料、その他の手数料が存在しない。Apple Cardの目標は業界で最も低い利子で提供することだという。

Appleのクレジットカードを使うことが怖いという人もいるはずだが、Apple Cardは他のクレジットカードが実現できないほどの革新的で先進的なセキュリティを実現した。クレジットカードの番号はiPhone上でユニークな番号になり、セキュアな領域に保存される。もちろん、Appleは顧客が何を買ったか、どれぐらいの金額を支払ったかは把握できない。利用する際はFace IDおよびTouch ID、ワンタイムでユニークなセキュリティコードによって新次元のセキュリティとプライバシーで利用できる。

「Apple Card」は、Apple Payに対応していない店舗でも物理式のカードで利用できる。チタン製で作られた物理カードには、カード番号やセキュリティコード、有効期限、署名が存在しないため、どのクレジットカードよりも安全だ。もちろん、物理カードで利用した決済情報もWalletアプリでカンタンに確認できる。なお、物理カードで決済した時の還元率は1%になる。

提供時期は今夏。まずは米国で提供される。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ニュース

2019/06/18
携帯料金、今秋から違約金1000円・端末値引きは2万円までに規制へ

iOS 13

2019/06/18
「iOS 13」ベータ版をインストールする方法

スマホアプリ

2019/06/18
スマホアプリ「ドクターマリオワールド」の配信日が7月10日に決定

iPhoneの噂・最新情報

2019/06/18
2020年発売のiPhone、小型化の5.4インチモデル登場か
Recommendこんな記事も読まれています