Appleブランドのヘッドフォンはこんな感じ?コンセプトイメージ登場

Appleニュース

Appleブランドのヘッドフォンはこんな感じ?コンセプトイメージ登場

Appleが開発中と噂されるオーバーイヤー型のヘッドフォン。Appleは2014年に買収したBeatsブランドではなく、Appleブランドで展開すると報じられている。

このヘッドフォンにはまったく新しいデザインが採用されると噂されているが、そのデザインを垣間見れるコンセプトイメージが登場した。

ホワイトボディにプレミアムタンレザーを採用した高級デザイン

Appleブランドのヘッドフォンのコンセプトイメージを公開したのはTHE APPLE POST。ツヤ感のあるホワイトベースのボディに、光沢のAppleロゴがハウジングにプリントされている。

アームは美しいカーブを描き、頭と耳が触れるヘッドバンドとイヤーカップには牛革をタンニングで鞣したプレミアムタンレザーを採用することで“豪華な音楽体験”を実現するという。ツヤ感のあるホワイトベースのボディとタンレザーの薄茶色はカラーとしての相性も良さそうだ。

Appleブランドのヘッドフォンはこんな感じ?コンセプトイメージ登場

ハウジングにはマイクとみられる小さなホールが設けられている。ハンズフリーによる音声通話はもちろん、“Hey Siri”による様々な音声アシスタント機能を利用できるかもしれない。

これまでの噂では、iPhoneにヘッドフォンを近づけるだけで初期設定(ペアリング)が完了する専用チップ「W1」または次世代チップが搭載され、Appleブランドのヘッドフォンは早ければ2018年第4四半期(2018年10月〜12月)に出荷が開始され、AirPodsの16,800円よりも高い価格帯で発売と報じられている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2021/01/20
MVNO委員会、ahamo対抗は「極めて困難」。接続料の引き下げを強く要求

キャッシュレス

2021/01/20
スマホ決済調査、d払いの利用急増。PayPayはダウン

au

2021/01/19
au、プラチナバンド5Gを2021年春に開始。Galaxy S20、Xperia 1 IIは非対応

キャッシュレス

2021/01/19
ユニクロペイ開始。始め方・使い方を解説
Recommendこんな記事も読まれています