Apple、watchOS 5.1.1をリリース。動作しなくなる“文鎮化”を解消

Yusuke Sakakura

Apple、watchOS 5.1.1をリリース。動作しなくなる“文鎮化”を解消

11月6日未明、Appleが「watchOS 5.1.1」のアップデート配信を開始した。

今回のアップデート内容はwatchOS 5.1と同じものだが、アップデート後に動作しなくなる“文鎮化”に対処したバージョンになっている。

watchOS 5.1.1のアップデート内容

watchOS 5.1.1のアップデート内容は以下のとおり。なお、文鎮化したApple Watchの直し方についてはサポートページで確認できる。

  • Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急通報サービスへの連絡が行われます。また、応急手当にあたってくれる人に、Aooke Watchde転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになりました。
  • 一部のユーザーで、“トランシーバー”Appのインストールが完了しない可能性がある問題を修正しました。
  • 一部のユーザーが“トランシーバー”でさんkな以来を送信または受信できない問題を解決しました。
  • 一部のユーザーの“アクティビティ”Appで、過去に獲得したアクティビティバッジの一部が“バッジ”タブに表示されない問題を解決しました。

watchOS 5.1.1のアップデート方法

操作手順
  • 1. iPhoneでwatchアプリを起動する
  • 2. 「一般」に進む
  • 3. 「ソフトウェア・アップデートに進む」
  • 4. 「ダウンロードとインストール」をタップする
watchOS 5.1.1のアップデート方法 watchOS 5.1.1のアップデート方法 watchOS 5.1.1のアップデート方法

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています