新型Apple TV、リフレッシュレート120Hzに対応か

bio
Yusuke Sakakura

新型Apple TV、リフレッシュレート120Hzに対応か

1年以上も発売の噂が継続しているAppleのストリーミングデバイス新型Apple TV。今年発売されれば約4年ぶりの新型モデル発売となるため、期待の声が大きい。

新型Apple TVの最新情報として開発者向けに提供されているベータ版のtvOS 14.5から新たにリフレッシュレート120Hzをサポートするヒントが見つかったようだ。

現行モデルのリフレッシュレートは60Hzのため、よりなめらかな映像が楽しめることになる。既にiPad Pro向けにリフレッシュレート120Hzに対応したゲームがApp Storeにリリースされているため、Apple TVを使って操作しやすいコントローラーと大画面で快適に楽しめるかもしれない。

現行モデルは対応不可

9to5Macによるとベータ版のtvOS 14.5から“120Hz”、“supports120Hz”の記述が複数追加されたという。追加された箇所はApple TVのインターフェースを制御するシステムのPineBoardで、iOSのSpringBoardに該当する。

同メディアはAppleがApple TVの120Hzモードをテストしていることを強く示唆するものだと伝えた。

もう1つ重要なことはtvOS 14.5にアップデートしてもリフレッシュレート120Hzには対応できないということ。これはハードウェアの制限で現行モデルにはHDMI 2.0が搭載されていて60Hz/4K出力が最大となっているため。リフレッシュレート120Hzに対応するにはHDMI 2.1の搭載が必要になる。

もちろんHDMIで接続するテレビや再生またはプレイするアプリ、ゲーム、コンテンツもリフレッシュレート120Hzに対応する必要だ。

これまでの噂によれば新型Apple TVはゲームに重点を置いたデバイスになり、高性能なプロセッサが搭載されてリモコンもアップデートされるとのこと。なお、Appleは今月中に新製品発表会を開催すると報じられている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています