bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple Watch専用のアプリの存在が明らかに――電池の持ち時間が向上する機能を搭載か

Apple Watch

Apple Watch専用のアプリの存在が明らかに――電池の持ち時間が向上する機能を搭載か

アップルが本日早朝にリリースした「iOS 8.2 ベータ4版」の設定画面にApple Watchに関する項目が追加されたことが明らかになりました。

iPhoneとApple Watchのペアリングを行うためのApple Watch専用アプリ

9to5 Macによると、開発者向けに提供された「iOS 8.2 ベータ4版」のBluetooth設定画面に「To pair Apple Watch with your iPhone, go to the Apple Watch App.」という文言が追加されたようです。

Apple actually made clever use of the Apple Watch’s relationship with the iPhone. Apple Watch users will install an Apple Watch app on their iPhone, which will be used to download apps onto the watch as well as likely manage Apple Watch settings. A user’s iPhone is also used to help with computational demands. Apple cleverly pushes a lot of processor needs to the phone in order to preserve Apple Watch battery life.

引用元:Latest iOS 8.2 iPhone beta adds Apple Watch Bluetooth support, confirms app | 9to5Mac

この文言が意味するのは、”Apple WatchとiPhoneをペアリング(Bluetoothによって接続すること)するのであれば、「Apple Watch App」を利用してください”というもの。実際の利用イメージとしては、iPhoneにApple Watchアプリをインストールして手順にしたがってペアリングを進めていくことになるのだと思います。

Apple Watchの専用アプリによってApple Watchのバッテリーも長持ちする?

海外メディアのaBlogtoWatchによれば、専用のアプリが担う役割はこれだけではなく、Apple Watchの各種設定をiPhoneから行ったり、Apple Watch用のアプリのダウンロードしたり、処理の一部をiPhoneに任せることもできるとしています。

Apple actually made clever use of the Apple Watch’s relationship with the iPhone. Apple Watch users will install an Apple Watch app on their iPhone, which will be used to download apps onto the watch as well as likely manage Apple Watch settings. A user’s iPhone is also used to help with computational demands. Apple cleverly pushes a lot of processor needs to the phone in order to preserve Apple Watch battery life. Thus, the Apple Watch is snappier, with longer battery life because a lot of tasks can be off-loaded to the host phone.

引用元:Apple Watch Hands-On: The Wristwatch Just Caught Up To The 21st Century | aBlogtoWatch

Apple Watchを含めた全てのスマートウォッチは、腕時計ぐらいのサイズしか取ることができず、大容量のバッテリーを搭載することができないため、電池の持ち時間に問題があることが多くなるはずです。Apple Watchもティム・クックCEO自らが「1日に1回は充電が必要だ」と明らかにしています。

ただ、専用アプリによってApple Watchで演算処理を行わず、iPhone側で処理させることが可能になり、Apple WatchはiPhoneから投げられた通知をただ単純に表示することによって、Apple Watchの電池の持ち時間が向上するようです。

Apple Watchは、2015年早期発売とアナウンスされており、アメリカなどで3月ごろ先行発売された後、少し経ってから日本で発売されると噂されています。もし、3月ごろに発売されるのであれば、来月中にもプレス向けに発表イベントの招待状が届けられるはず。2回目となるApple Watchの正式発表はもうすぐそこに来ていると判断して良いでしょう。

▼Apple Watchを使用体験できるデモサイトなどはこちらからどうぞ。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

2018/12/19
46%オフ、スマートスピーカー新型「Echo Dot」の年末セール開催中

スマホアプリ

2018/12/19
ポケモンGO、伝説のポケモン「ヒードラン」が登場。弱点・攻略法は?

Twitterニュース

2018/12/19
Twitter、タイムラインを新着順・時系列に並べ替えできるボタンを正式公開

iPhone XR

2018/12/18
Apple、iPhone XS・XR向けのバッテリー付きレザーケースを発売か
Recommendこんな記事も読まれています